よくあるご質問

広告・パブリシティ・メディア戦略について教えてください。

ポイントとなるのは、書籍を中心にしたパブリシティ活動を行なうという点です。

雑誌、看板広告、ポータルサイトなど、あらゆる媒体で企業の広告が溢れています。自社のサービスや商品に関する情報はすぐに埋もれてしまい、なかなか思い通りの反応を得ることが難しくなってきています。
そこで効果を発揮するにのが、書籍出版時のPRです。

「企業の宣伝」を直接的に行なうのではなく、書籍の宣伝を行なうことで、信頼性の高い書籍を消費者に提供する貴社のブランド価値が高まります。全国紙の新聞広告の活用はもちろんですが、雑誌やWeb媒体に掲載された場合も、読者の悩みを解決できる書籍を介したPRは、通常の広告と比べて格段に好意的に受け取られます。

また、書籍というメディアの情報は信頼性が高いため、各メディアも取り扱いやすく、雑誌やテレビの取材につながりやすい点も特徴です。
戦略的なパブリシティ活動による各メディアへの広がりにご期待ください。

参考:幻冬舎MCの特長

よくあるご質問

Q.
出版費用の概算が知りたい。
Q.
企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)のサービス内容を知りたい。
Q.
なぜ書籍を出版することでブランド力が高まるのですか。
Q.
自費出版と企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の違いは?
Q.
社史、周年史、記念誌の制作はできますか。
Q.
写真集の制作事例はありますか。
Q.
出版企画の相談に費用はかかりますか?
Q.
電子書籍のみ出版したいのですが、可能でしょうか
Q.
Amazonや楽天ブックスなどのネット書店でも販売されますか?
Q.
支払いのタイミングはいつですか?
Q.
BtoB企業でも、本を出版することで集客効果が本当にあるのですか。
Q.
他の出版社にはない幻冬舎だけのサービスは何ですか。
Q.
出版の見積もりを依頼するにあたっておさえておくべきポイントはありますか?
Q.
東京・名古屋・大阪近辺以外のエリアでも出版の相談はできますか。
Q.
出版の相談は大阪(関西地方)でも対応できますか。
Q.
出版の相談は名古屋(中部地方)でも対応できますか。
Q.
採用活動と本を出すことの関係はあるのでしょうか。
Q.
出版後のサポートはしていただけますか。
Q.
企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の実績数はどれくらいですか。
Q.
有名ではない自分の本は売れないのではないでしょうか。
Q.
出版相談会、出版説明会は開催していますか。