トップメッセージ | 企業出版ダントツNo.1の幻冬舎メディアコンサルティング

日本を支える
中小企業の“伝えたい”を、
読者の“知りたい”に変える

株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング
代表取締役社長 久保田 貴幸


1969年生まれ。大阪府出身。関西学院大学卒業後、株式会社さくら銀行(現・株式会社三井住友銀行)に入行。
2003年に株式会社幻冬舎に入社。
2005年株式会社幻冬舎メディアコンサルティングを設立、
代表取締役に就任。
株式会社幻冬舎専務取締役兼任。

銀行員時代に幻冬舎の上場を支援し、2003年JASAQ上場。
同年4月に幻冬舎に入社。
2005年に幻冬舎メディアコンサルティングを設立し、
業界他社の追随を許さない企画力と編集力を武器に「企業出版」という分野を確立した。
「企業の“伝えたい”を読者の“知りたい”に変える」を軸に事業を拡大し、現在クライアント数は1,890社を超える。
現在は幻冬舎メディアコンサルティンググループとして、
金融関連、個人出版、WEBマーケティング、デザインなど、
出版社としての価値を発揮できる領域を子会社化し、
事業を展開している。

企業の課題を
「書籍出版を通じて解決する」
これが私たちのミッション

書籍の売り上げ減少による出版業界全体の地盤沈下が進む中で、
このままの出版フレームの中で戦い続けるだけでいいのかーー
出版社の価値が問われる中、
2005年に立ち上げたのが、幻冬舎の財産である
本づくりのノウハウを企業ブランディングに活かした
弊社幻冬舎メディアコンサルティングです。

日本を支える優良企業は
全国にたくさんある
そんな会社を支援したい

本を書くのは著名人の専売特許ではありません。
今は無名でも、
これからの日本を支える会社、組織、人はたくさん存在しています。
私たちは創業以来、そんな「本にする魅力があるもの」を求めて、
新たな価値を社会に対して投げかけて来ました。その作業は、
人間だけが持つ「想像力」によって可能になるものです。

企業の“伝えたい”を
読者の“知りたい”に変える
「絶対的な一冊」への挑戦

本づくりでは、
経営者と真正面から相対してまいりました。
なぜゼロからビジネスモデルを確立できたのか。
アイデア一つで世界進出を果たすことができたのか。
後発なのに、トップシェアに躍り出ることができたのか。
――そこには必ず答えがあります。

企業の「伝えたいこと」を読者の「知りたいこと」に変換する。
それらができるのは、企業出版業界にて圧倒的なポジションを
確立してきた私たちだけだと自負しております。

クライアントと対峙し、内臓と内臓をこすり合わせるような議論を
重ねる中で磨き上げられた
“絶対的なコンテンツ”。
それら一つひとつが持つ可能性を信じ、
私たちはこれからも挑戦し続けてまいります。

×