ソフトカバーとハードカバーの違いは何ですか。

FAQ

企業出版(ブランディング出版):HOME > よくある質問 > » ソフトカバーとハードカバーの違いは何ですか。

よくある質問

ソフトカバーとハードカバーの違いは何ですか。

単行本の製本は一般的に、ハードカバーとソフトカバーの二種類に分かれます。

ハードカバーは上製本ともいわれ、カバーにボール紙を上質紙に包んだ表紙を使います。
また、表紙が本文用紙よりも大きいことも特徴です。
紙の性質上、丈夫で保存性に優れますが、重量があるため持ち歩きには適しません。
文芸書に多く採用される製本です。

ソフトカバーは並製本ともいわれ、カバーにやわらかく、本文用紙と同じ大きさの紙を使用します。
ハードカバーに比べて薄く、軽い仕上がりになるため、持ち歩きに適しています。
実用書やビジネス書、家庭の医学などに多く採用される製本です。

書籍の仕様のご紹介はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

ご不明な点や企業出版のご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください!

03-5411-6440 平日9:30〜18:00
(年末年始・GW・夏季・冬季期間を除く)

無料お見積もり

お客さまの求める課題解決の内容によって、制作費用は異なります。まずはお気軽にご相談ください。