記念誌・社史を検討中の方 | 企業出版ダントツNo.1の幻冬舎メディアコンサルティング
×
  • ホーム
  • 記念誌・社史を検討中の方

記念誌・社史制作も幻冬舎!

事例

◆株式会社渡辺工業メーカー

「社員全員が参加する」コンセプトの周年プロジェクトだったため、
週刊誌風のページを盛り込むなど出版社ならではのデザインで制作。
様々な切り口で社員一人一人を取り上げたため、社内のモチベーションアップに大きく貢献。

◆飛騨産業株式会社家具メーカー

飛騨のモノづくりの理念、そしてその背景にある飛騨高山の文化・風土を、エッセイ調の文章と
みずみずしい写真で紹介。
出版をきっかけに「カンブリア宮殿」に出演。商品の売上が前年比2倍に。

◆アサヒフォージ株式会社製造

言葉では伝えきれない高い技術や伝統をダイナミックに表現するため、ワイドな写真を多用。
営業ツールや採用ツールとして活用いただき、企業の強みの理解促進に貢献。

◆学校法人追手門学院教育

生徒に読んでもらうため、親しみのある「漫画」形式で制作。
生徒にも愛読され、毎年入学する生徒に配布することで教育方針や学校の歩みを広く
訴求することに成功。

◆株式会社ふじや本店葬儀

葬祭業を営むイメージふさわしいよう、重厚感のある化粧箱付きの社史を制作。
文字・写真もふんだんに盛り込み読みやすくしたことで、同社の歴史や企業理念などの
理解促進に貢献。

記念誌・社史のスタイル

総合出版社ならではの幅広い提案力

ビジネス書・アルバム・写真集・絵本・漫画など、
お客様のご要望に合わせた様々なスタイルの記念誌・社史制作が可能です。

  • 読み物型(ビジネス書) 一般的なビジネス書のスタイルです。文字量が多いため、
    説明が必要なサービスや事業、経営理念などを
    伝えやすいという特徴があります。
    ご要望によって新書・文庫サイズも対応可能です。
  • 漫画型 イラストベースのスタイルです。
    文字だけでは伝えることが難しい事柄や、
    会社の歴史をストーリー形式で
    わかりやすくユニークに伝えることができます。
  • ビジュアル型 写真やイラストをメインに掲載するスタイルです。
    視覚的に人や製品の魅力を伝達することができます。
  • 従来型・アルバム型 化粧箱付き・ハードカバーでサイズが大きく、
    重厚感のあるスタイルです。
    会社の変遷と世の中で起きたできごとを
    克明に記していくことに適しています。

つくり方

制作の流れ

企画立案からご納品・プロモーションまで、
各専門の担当者が並走しサポートすることでお客様の負担を軽減します。

安心のプロジェクト体制

実際の書籍づくりにおいては、クライアントに密着して仕事を進める担当編集者に加え、
クライアントとは直接接点を持たない編集スタッフも校正に加わります。
そのことによって、クライアントの視点のみに偏らない、
ターゲットを具体的に想定した読者目線の「伝わる」書籍をワンストップ体制で制作します。

一番大切にしていることは、出版後のその先をイメージして作ること

編集局 編集部 部長

クライアントの想いをただ形にするだけではなく、
「その先」があることを常に意識しています。
「新規顧客の獲得」「優秀な人材の採用」「社内連携の強化」など、
あらゆる効果を生み出すことができるのは、幻冬舎の強み。
当社では、企業様が持つ魅力を最大限に引き出す体制が整っています。

クライアントの思考や会社のイメージ、オリジナリティをデザインに落とし込む

株式会社幻冬舎デザインプロ 代表取締役社長

クライアントの思考や話し方、たたずまいまでデザインに落とし込む。
我々が行っているこのやり方は、これまでデザイン会社が
挑戦してこなかったアプローチの手法です。
企業様にふさわしい本文のデザインや
カバーデザインを提案し、ターゲット読者の手元に届けます。

記念誌・社史 制作事例

記念誌・社史のよくある質問

どれくらいの予算が必要ですか?

社史・周年史の大きさやページ数、企画の方向性、資料の量・質など個々のケースで大きな差が出てきます。
弊社の様々な事例から、概算のお見積りをお出しできますので是非一度お話をお聞かせください。

制作期間はどれくらいですか?

平均すると1~2年程度が制作期間です。
なかには4年かけて取り組まれるお客様もいらっしゃいますし、周年記念まで1年を切ってしまって急いでお願いをしたいというご要望もございます。
柔軟に対応しますので、まずはお話をお聞かせください。

社史・周年史制作の担当になったものの、
何から始めたらいいのかわかりません。
相談に乗って頂けますか?

もちろんです。
弊社で社史・周年史制作をご一緒した多くの事例を見ていただいたり、お客様のお取り組みや社内で課題と感じていらっしゃることなどざっくばらんにお話をしていきながら進めていきましょう。

どこまでサポートしてくれますか?

企画立案・取材・執筆、進捗の管理など弊社でサポートさせていただきます。
貴社内で新たに社史編纂委員会などを構成される必要はなく、窓口となる方をお決めいただければ制作を進められます。

最近の社史・周年誌は
どのようなものが流行っていますか?

従来のアルバム型は継続してご依頼がございますが、イラストや写真を盛り込むことでより読みやすく構成されたものが多くなってきています。
また書店に流通させることで「集客」「採用」「ブランディング」にも活かせる社史・周年史にしたいというご要望も増えてきています。

書店流通はできますか?

可能です。
創業以来ミリオンセラーを輩出し続けている幻冬舎が関係を築き上げてきた特約店ネットワークを活用し、全国約4,000書店に戦略的に書籍を配本、貴社書籍を読んでほしいターゲットに書籍をお届けします。

その他、ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。