幻冬舎メディアコンサルティングの特長 | 企業出版ダントツNo.1の幻冬舎メディアコンサルティング

幻冬舎メディアコンサルティングの特長

数多くのベストセラーを
生み出してきた幻冬舎の企業出版

たとえ企業が素晴らしいメッセージを発信しても
読者が「読みたい」と思わなければ購入につながりません。
幻冬舎の企業出版では
企業の「伝えたい」を、読者の「知りたい」に変える
編集体制と出口戦略を用意しています。

幻冬舎メディアコンサルティングの特長ターゲットを具体的に想定し、読者目線の「伝わる」書籍を、ワンストップ体制で制作します。

つくる
(企画・編集)
知らしめる
(プロモーション)
売る
(流通)

つくる(企画・編集)

幻冬舎グループならではのベストセラーを生み出すノウハウを最大限駆使し、
貴社のターゲットが確実に行動を起こす企画をご提案します。

「商品・サービスを効果的に案内して、売上を伸ばしたい」
「優秀な人材を採用したい」
「ブランド価値を高めて、顧客との関係を強化したい」
これらの課題を解決していくためには、第三者的な視点で企業の強みを分析し、
ターゲットの知りたい情報へと変えていく力が必要不可欠です。

幻冬舎独自の編集体制で貴社の「伝えたい」を
読者の「知りたい」に変換します。

私たちは、既成概念に捉われない、かつてない新しいスタイルの出版社として世に鋭くメッセージを問いかけます。
数多くのベストセラーを生んできた幻冬舎グループとして、
貴社の強みを浮き彫りにさせ、貴社の課題を解決するための一冊の書籍の企画をご提案いたします。

実際の書籍づくりにおいては、クライアントに密着して仕事を進める担当編集者に加え、
クライアントとは直接接点を持たない編集スタッフも校正に加わります。
そのことによって、クライアントの視点のみに偏らない、
ターゲットを具体的に想定した読者目線の「伝わる」書籍をワンストップ体制で制作します。

作業工程

  • 出版プロジェクトのキックオフからご出版までのほとんどの作業工程をお任せいただけます。

    貴社にご負担いただくのは、「インタビューのお時間をいただくこと」と、「出来上がった原稿の内容をご確認いただくこと」のみです。
    独自のワンストップ体制で、日々ご多忙な経営者の方々のメッセージや、貴社のオリジナリティを引き出し、ターゲットを魅了する書籍を制作します。

知らしめる(プロモーション)

いかにターゲットの手元へ書籍を届けるか。
書籍を多くの人に「知らしめる」ことがそのカギとなります。
幻冬舎メディアコンサルティングでは、プロジェクトチームを結成してプロモーションを行います。
クロスメディア戦略によって、出版効果を最大限に発揮させます。

新聞、TV、雑誌をはじめとする各種媒体への
パブリシティ活動も実施します。

プロモーション部は、書籍出版の2~3ヶ月前にクライアントと
プロモーションのキックオフミーティングを行います。
書籍出版の目的やターゲット、
商圏を改めてヒアリングした上でプロモーション戦略を立案します。

パブリシティ活動一人でも多くのターゲットに書籍を知らしめる
新聞・雑誌・TV・WEBなど、書籍のテーマ、ターゲットに応じてアプローチする媒体を選定します。プロモーション部から媒体担当者へ無償掲載・取材を呼び掛けます。
新聞広告1日で数百冊の実売に繋げる
書籍購読層とターゲットが一致する新聞広告。多くの人の目に留まるため購買数の飛躍的増加が見込めます。また、書店員への認知促進にもつながり、より多く書店へ書籍を流通させる効果もあります。「ランキング実績」を広告に盛り込むことで、より高い広告効果を狙うことも可能です。
書店プロモーションエリアを絞り込んだ特定の書店で露出
複数の書店で大型展開を行うことにより、店頭での話題感を醸成します。書籍ターゲットがよく集まる店舗、顧客が多く住む地域にある書店など、エリアを絞り込むことにより効率的にターゲットに対してアプローチすることが可能です。
そのほか広告展開知的好奇心を刺激し、実売に繋げる
店舗入り口の看板や店内ポスター等を行い、店頭での話題性を醸成します。書店以外でも電車車内広告や駅サイネージ、Amazonのスポンサープロダクト広告等、ターゲットとのタッチポイントを増やして書籍を手にとってもらいやすい環境をつくります。

売る(流通)

1ヶ月で約6,000冊の書籍が刊行される出版マーケット。
ほとんどの書籍が一度も書店に並ぶことなく、返品されるのが現実です。
そのような中で幻冬舎メディアコンサルティングは、書店での露出力の高さを強みとしています。
ひとりでも多くのターゲットの手元へ書籍を届けるべく、最適な流通戦略をご提案しています。

  • 幻冬舎メディアコンサルティングは流通管理部を有しており、 営業担当や編集担当、プロモーション部と連携して貴社書籍の流通戦略を企画立案・実行します。

    書籍が完成すると、取次会社経由で全国の書店に配本されます。 書店への配本数は委託販売制による返本リスクを少なくするため、取次会社が出版社の売上実績などを考えて調整しています。 そのため、書店に配本されるかどうかは、出版社の規模によって大きく差が出てしまいます。
  • 幻冬舎メディアコンサルティングでは確実に書店に配本されるよう、全国105法人(約4,000店)を網羅する流通ネットワークを持ち、戦略的・効率的に配本できる体制を整えています。
    あわせて、数多くのベストセラーを生み出してきた独自のマーケティングデータに基づき、貴社ターゲットに最大限アピールできる配本戦略を実行することができます。
    また、担当者が書店への架電や訪問などでフォローし、書店から直接ご注文をいただく活動も行っております。

電子書籍ストア
約20店舗でも展開