費用の考え方

私たち幻冬舎メディアコンサルティングにとっての書籍制作は、
企業のゴール実現に向けた「手段」の一つです。
そのため、制作のサポートだけではなく、
目的に合わせた書店マーケティングやプロモーションを実施し、
企業の課題解決を目的としています。
企業出版においては、この戦略に合わせた費用が発生し、
以下の組み合わせによって変わります。

費用に関係する要素

書籍の仕様
(判型、ページ数など)
制作・流通部数
オプションサービス

詳しくはお見積り依頼よりお気軽にお問い合わせください。

書籍の仕様
(判型、ページ数など)


139mm

195mm

四六判
(縦195mm×横139mm)
並製本(ソフトカバー)
200ページ以内
(文字数約140,000字程度)

パターン① 単行本

特徴
  • ・口頭では伝えづらい、サービス内容やノウハウ、データに基づいた問題点・解決策などを分かりやすく伝え、ターゲットの理解を深めます。
  • ・書籍のテーマやジャンルに合った棚に並びます。「投資」「経営」「教育」などの当該分野に関心がある、または課題解決欲の高いターゲットが訪れるため、効率的なアプローチが可能です。
  • ・一番多く流通している判型のため書店員が並べやすく、書店の目立つ場所に置かれやすくなります。
  • ・掲載する情報量が多いため、説明が必要なサービスや事業を伝える有効な手段となります。そのため1冊で読者を「興味喚起」「認知」「ファン化」「アクション」へと導くことができます。

109mm

174mm

新書判
(縦174mm×横109mm)
並製本(ソフトカバー)
176ページ以内
(文字数約100,000字程度)

パターン② 新書

特徴
  • ・1つのテーマを深掘りする内容が多く、特に知識や概念の啓蒙や問題提起をする場合に効果的です。
  • ・単行本に比べて判型が小さいため、持ち歩いて気軽に読めることが特徴です。
  • ・ジャンル問わず書籍が並べられる「新書」コーナーや、テーマに合わせた棚に置かれます。問題意識がまだ顕在化していない層にも、アプローチすることが可能です。
  • ・専門的な内容をかみ砕いて伝えることができ、専門分野での第一人者としてのブランドを築きます。

パターン③ その他

  • ・写真集、絵本など、文章だけではメッセージを伝えることが難しい場合でも、写真やイラストなどのビジュアルを駆使することで、読者に情報を直感的に伝えることができます。
  • ・様々な目的に合わせてカスタマイズいたします。

制作・流通部数

非流通や一部展開。エリアを絞った書店展開、全国展開など、
お希望に合わせた最適な部数をご提案いたします。

発行部数:4,000~10,000部

オプションサービスの有無

新聞広告や書店展開など、
ご要望に合わせて、最適なパッケージをご提案させていただきます。

 

よくあるご質問

Q.
出版費用の概算が知りたい。
Q.
企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)のサービス内容を知りたい。
Q.
なぜ書籍を出版することでブランド力が高まるのですか。
Q.
自費出版と企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の違いは?
Q.
社史、周年史、記念誌の制作はできますか。
Q.
写真集の制作事例はありますか。
Q.
出版企画の相談に費用はかかりますか?
Q.
電子書籍のみ出版したいのですが、可能でしょうか
Q.
Amazonや楽天ブックスなどのネット書店でも販売されますか?
Q.
支払いのタイミングはいつですか?
Q.
BtoB企業でも、本を出版することで集客効果が本当にあるのですか。
Q.
他の出版社にはない幻冬舎だけのサービスは何ですか。
Q.
出版の見積もりを依頼するにあたっておさえておくべきポイントはありますか?
Q.
東京・名古屋・大阪近辺以外のエリアでも出版の相談はできますか。
Q.
出版の相談は大阪(関西地方)でも対応できますか。
Q.
出版の相談は名古屋(中部地方)でも対応できますか。
Q.
採用活動と本を出すことの関係はあるのでしょうか。
Q.
出版後のサポートはしていただけますか。
Q.
企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の実績数はどれくらいですか。
Q.
有名ではない自分の本は売れないのではないでしょうか。
Q.
出版相談会、出版説明会は開催していますか。

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら