よくあるご質問

初版の発行部数は何部くらいですか。

確実なブランディング効果を得るためには、書店にて面出し平積みで展開をする必要があり、そのためには、1店舗あたりに配本する冊数をある程度確保する必要があります。弊社の場合、新書形態では約3,000部~、単行本形態では約4,000部~10,000部を発行し、全国の書店に流通致します。また、流通の必要がなく、3,000部以下の発行部数で社員の教育・啓蒙用や、自社の会員向けの配布用に冊子を作りたいなどのご要望にも対応致します。

発行部数は読者ターゲットによっても大きく変わります。例えば、新規の顧客獲得を狙いたい、ということであれば、初版3,000部を発行し、顧客層が集中する関東地域の一都三県の書店に絞り込んだ配本をすることも可能ですし、全国的に広く展開し会社の認知度を高めたい、ということであれば初版5,000部~10,000部を発行し、全国各地の主要書店に手厚く配本することも可能です。

ブランディング施策に応じた適切な部数を発行し、全国に展開する幻冬舎グループの特約店ネットワークを駆使することで、顧客層に合わせた適切なエリアマーケティングを行うことが可能となります。


費用の考え方のご案内はこちら

その他のよくあるご質問

Q.
出版費用の概算が知りたい。
Q.
企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)のサービス内容を知りたい。
Q.
なぜ書籍を出版することでブランド力が高まるのですか。
Q.
自費出版と企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の違いは?
Q.
社史、周年史、記念誌の制作はできますか。
Q.
写真集の制作事例はありますか。
Q.
出版企画の相談に費用はかかりますか?
Q.
電子書籍のみ出版したいのですが、可能でしょうか
Q.
Amazonや楽天ブックスなどのネット書店でも販売されますか?
Q.
支払いのタイミングはいつですか?
Q.
BtoB企業でも、本を出版することで集客効果が本当にあるのですか。
Q.
他の出版社にはない幻冬舎だけのサービスは何ですか。
Q.
出版の見積もりを依頼するにあたっておさえておくべきポイントはありますか?
Q.
東京・名古屋・大阪近辺以外のエリアでも出版の相談はできますか。
Q.
出版の相談は大阪(関西地方)でも対応できますか。
Q.
出版の相談は名古屋(中部地方)でも対応できますか。
Q.
採用活動と本を出すことの関係はあるのでしょうか。
Q.
出版後のサポートはしていただけますか。
Q.
企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の実績数はどれくらいですか。
Q.
有名ではない自分の本は売れないのではないでしょうか。
Q.
出版相談会、出版説明会は開催していますか。

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら