年史と社史の違いとはなんですか? | 企業出版ダントツNo.1の幻冬舎メディアコンサルティング
×

よくあるご質問

年史と社史の違いとはなんですか?

年史と社史との間で明確な線引きが設けられているあるわけではありません。何が年史で、何が社史なのかという定義はなかなか難しいものがあるのですが、傾向としてはある程度の違いが見られます。

■年史について

年史という呼称は、企業や、官公庁・市町村などの公共団体、学校法人、一般社団法人など様々な団体の全てがその歴史をまとめた書籍について使用できる言葉です。

○○年史、○○周年史といった呼び方が多く、10年、20年といった記念的なタイミングを区切った周年に出版する傾向を強く持ちます。大多数はその法人や団体自身による主観的な記載内容となることが多いですが、歴史的な資料の意味合いが強いものは、客観的な視点から記述される場合もあります。


■社史について

意味としては年史とほぼ同様ですが、特に企業として自社の創業時からの歴史やこれまでの取り組みを、自社内や各時代の歴史資料に基づき第三者目線でとりまとめ、企業の責任をもって出版されたものになります。

出版時期は周年に限らず、企業の代表交代や合併、上場などの様々なイベントのタイミングで発行される場合もあります。

主とする制作の目的は、企業・団体が自社の歴史を公的に残すということにあります。この「企業」という言葉は法人組織と同じような意味を持ち、NPO(Nonprofit Organization)などの非営利団体、財団法人も含まれると考えるのが一般的です。実は企業が自発的に自社の歴史をまとめるのは日本国内の文化であるとされており、海外ではあまり一般的ではないようです。

また、社史の場合、いくつかの形式が存在します。

【正史】
「正しい歴史」という意味で、企業の創業時からその社史の発行までの全年代を網羅した社史です。「通史」と呼ばれる表現も同じ意味を持ちます。一般的には自社の社史を「正史」と呼ぶことはありませんが、内容について企業としての正史であるという認識で編集されたものを言います。

【略史】
過去複数回社史を発刊した場合、出版後の歴史を中心にまとめる場合、この「略史」という呼称が多く使用されます。例としては、70年史を発刊した経験のある100年の歴史を持つ会社は、70年史発刊後の30年分をとりまとめた社史は、この30年間の出来事を集中的に記載し、それ以前については要約して書くという場合が多くを占めます。この要約した歴史を「略史」と呼びます。また、この「略史」という言葉には全ての歴史を網羅しないという意味もあります。

【編年史】
各年ごとに歴史を綴る編年体の編集物を意味します。

【外史】
正史の対義語として呼ばれます。企業の本部が制作するのではなく、第三者や、同社の社員達だけで独自に制作する社史を意味します。

【小史】
特別な出来事や、団体としてのイベント、ある特定の人物を取り上げた歴史をとりまとめる場合、このように呼ばれます。

【稗史】
歴史上の根拠が確認できないような記録を集めて歴史書として発行する際の呼称です。

上記の通り、「年史」と「社史」では、それぞれの持つ意味や目的が異なります。企業や団体としてその歴史をとりまとめる際には、自分達が何を制作しようとしているのか、またその目的は何なのかをしっかり認識した上で制作に着手するようにしましょう。


無料ダウンロード資料:周年プロジェクト 企業出版 成功事例集

参考:社史・周年史について

その他のよくあるご質問

Q.
出版費用の概算が知りたい。
Q.
企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)のサービス内容を知りたい。
Q.
企業出版と商業出版の違いは?
Q.
企業出版で解決できる「企業の課題」にはどんなものがありますか?
Q.
なぜ書籍を出版することでブランド力が高まるのですか。
Q.
自費出版と企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の違いは?
Q.
社史、周年史、記念誌の制作はできますか。
Q.
社員や取引先に配るための、書店流通がない書籍の制作はできますか。
Q.
写真集の制作事例はありますか。
Q.
マンガを使った企業出版の制作事例はありますか。
Q.
新書で出版したいが、制作事例はどのくらいありますか。
Q.
出版企画の相談に費用はかかりますか?
Q.
直接会って、出版の相談に乗ってもらうことはできますか。
Q.
電子書籍のみ出版したいのですが、可能でしょうか
Q.
Amazonや楽天ブックスなどのネット書店でも販売されますか?
Q.
支払いのタイミングはいつですか?
Q.
出版費用の分割払いは可能ですか。
Q.
BtoB企業でも、本を出版することで集客効果が本当にあるのですか。
Q.
他の出版社にはない幻冬舎だけのサービスは何ですか。
Q.
出版の見積もりを依頼するにあたっておさえておくべきポイントはありますか?
Q.
東京・名古屋・大阪近辺以外のエリアでも出版の相談はできますか。
Q.
出版の相談は大阪(関西地方)でも対応できますか。
Q.
出版の相談は名古屋(中部地方)でも対応できますか。
Q.
採用活動と本を出すことの関係はあるのでしょうか。
Q.
出版後のサポートはしていただけますか。
Q.
企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の実績数はどれくらいですか。
Q.
幻冬舎メディアコンサルティングの累計発行部数について教えてください。
Q.
幻冬舎メディアコンサルティングの書籍づくりの特徴を教えてください。
Q.
どんな業種の出版事例が多いのですか。
Q.
有名ではない自分の本は売れないのではないでしょうか。
Q.
出版に興味がありますが、自社には本にするほどの特徴や強みがなく不安です。
Q.
出版相談会、出版説明会は開催していますか。
Q.
日中は忙しくて、出版セミナーに参加できないのですが。
Q.
書籍の価格は、いつ、どのように決まるのですか。
Q.
制作部数は、いつ、どのように決まりますか。
Q.
書店流通部数は、いつ、どのように決まりますか。
Q.
出版した書籍の売れ行きは、どんなタイミングで教えてもらえますか。
Q.
ISBNコードって何ですか?
Q.
社史編纂にはどのような情報や資料を準備すれば良いですか?
Q.
まだ企業出版するかわからないけれど、詳しい話を聞いてみたい。
Q.
どんな業種の方が出版されるのでしょうか。当社も出版できるのでしょうか。
Q.
出版費用の見積もりが欲しい。
Q.
企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の成功事例を知りたい。詳しい資料はもらえますか。
Q.
企業出版で効果を生み出せる業界の特徴は?
Q.
税理士やコンサルタントの出版実績はありますか。
Q.
税理士やコンサルタントの出版成功事例を知りたい。
Q.
BtoB企業の出版実績はありますか。
Q.
BtoB企業の出版成功事例を知りたい。
Q.
IT企業の出版実績はありますか。
Q.
IT企業の出版成功事例を知りたい。
Q.
学習塾・学校関連の出版実績はありますか。
Q.
学習塾・学校関連の出版成功事例を知りたい。
Q.
金融関連をテーマにしたカスタム出版の実績はありますか。
Q.
投資・金融関連の出版成功事例を知りたい。
Q.
健康食品の販促・美容法認知促進を目的とした出版実績はありますか。
Q.
不動産投資関連の出版実績はありますか。
Q.
不動産投資関連の出版成功事例を知りたい。
Q.
住宅関連をテーマとする書籍の出版実績はありますか。
Q.
医学関連の出版実績はありますか。
Q.
医学関連の出版成功事例を知りたい。
Q.
問題提起型の企業出版が成果を上げていると聞きますが?
Q.
年史と社史の違いとはなんですか?
Q.
設立間もない、実績の少ないスタートアップやベンチャーでも出版できますか?
Q.
社史(年史/記念誌/周年記念誌)の制作費用はどのくらいですか。見積もりをとりたいのですが。
Q.
社史・周年史づくりの最近のトレンドを教えてください。
Q.
本の内容を自社WEBサイトでのコンテンツマーケティングにも活用したい。
Q.
実際に書籍を出版した「著者の声」を聞きたいのですが?
Q.
企業出版の相談会や説明会は開催していますか?
Q.
出版不況という言葉も聞きますが、ビジネス書の最近の市況はどうですか。
Q.
プロモーションツールとしての書籍の特徴を教えてください。
Q.
書籍の信頼性が高いのはなぜですか?
Q.
書籍にはどのくらいの情報量を盛り込めるのですか。
Q.
書店に陳列されるメリットを教えてください。
Q.
テレビCM、新聞・雑誌・WEB広告との違いを教えてください。
Q.
企業出版を検討しています。他社からも相談を受けていますが、どんな観点で選べばよいですか。
Q.
幻冬舎メディアコンサルティングの業歴について教えてください。
Q.
出版記念イベントやセミナーを行うことはできますか。
Q.
営業先への贈呈品としての活用も考えています。書籍を手元に納品してもらうことは可能ですか。
Q.
カスタム出版とは?
Q.
ブランディング出版とは?