売れない時代の到来 9割の経営者が見落としている成長阻害要因

経営者が直面している課題は様々。こうした課題を解決するためには、表面的に課題を解決しようと取り掛かる前に、まずは課題の真因を把握する必要があります。

    • マーケティング
      NEW 8月20日
      世界最適調達の陰で追い詰められる下請けメーカー

      新興国の人件費が高騰し、再び国内製造の動きが活発になっている日本のものづくり。それに伴い、激変する発注者と下請けメーカーの関係や、日本のメーカーが行っていた「予定調和」的なものづくりについて解説しています。 今、新聞やテレビなどさまざまなメディアが日本のものづくりの好調ぶりを報じてい ます。アベノミクスによる円安効果により、2012年11 月に1ドル=81.1円だった為替レートは、2017年1月には1ドル=113.77円まで回復しました。貿易収支は黒字に転じ、大手メーカーを中心に景気は回復傾向にあります。 また、中国を中心とした新興国の人件費の高騰により国内回帰が進み、国内の中小製造業にとっても、一見すると良い状況のように思えます。 しかし、実際に中小製造業の現場を見てみると、決して順風満帆とはいえません。その大きな理由は、世界のものづくりのあり方が、近年大きく変わってきていることにあります。……

    • NEW 8月20日
      人材採用

      中小企業経営者の頭を悩ませる3つの人材問題

      大手企業のように大規模な採用活動ができない中小企業。そんな現状を三つの問題に分けて紹介しています。また、コラム後半では中小企業が…

    • 8月9日
      マーケティング

      【第1回】「昔は売れていたのに……」業績不振に喘ぐBtoB企業の実態

      業績不振に喘ぐBtoB企業は営業現場に問題を抱えているケースが多く見受けられる。本コラムではその実態にスポットを当て、企業経営者や現場責任者が…

    • 8月9日
      人材採用

      【第1回】働き方改革が浸透すればするほど中小企業が窮地に追いやられるワケ

      売り手市場において、採用した人材が定着せず、厳しい立場にある中小企業が増えています。その原因は企業自身なのか、時代の変化によるものなのか…

    • 7月12日
      マーケティング

      ブランド再生仕掛け人が明かす どんな企業も陥る「マーケティングの罠」

      マーケティングには見えない罠が潜んでいる。本記事では企業が陥りがちな「マーケティングの罠」について具体的に見ていこう。おそらく皆さんも思い当…

    • 7月12日
      セールス

      「足で稼ぐ」という古すぎる営業手法が企業の衰退を招く 大半の会社が勘違いしている法人営業の落とし穴

      「潜在価値開発」とは決してマーケティングに範囲を限定した理論ではない。埋もれていて潜在化している価値を発見し活用することである。

    • 7月12日
      マーケティング

      顧客志向のウェブマーケティング会社は皆無 業者任せは100%失敗する

      契約を取ってお金をもらうだけという発想のウェブマーケティング会社は、「まだやっていなければやったほうがいい」という営業スタンスで攻めて…

前例踏襲型の課題解決策に囚われている企業は淘汰される

経営課題を解決しようとしても悪化する一方。その原因はなぜなのでしょうか。一般的な解決策が抱える問題点について解説いたします。

    • 【連載第2回】成長できない中小企業の採用活動は9割が「運任せ」
      人材採用
      NEW 8月20日

      資金とブランド力のある大企業と同じ方法で、中小企業が自社に優秀な人材を確保するのは困難です。本コラムでは中小企業の採用活動に見受けられる問題点を紹介します。材を定着させるために多くの企業がさまざまな策を講じています。 特に大企業においては、その潤沢な資金を背景に、コストをかけて外部の求人会社に採用を委託し……他社より優秀な人材をいち早く獲得する動きをとったり、あるいは福利厚生施設を充実させて採用の際にアピールしたり……

      • 人材活用
        NEW 8月20日
        社員の能力を引き出せない……中小企業の経営者が見落としている3つの問題点

        人手が不足している中小企業の経営者は、目の前の課題を精神論で突破しようとする風潮がありますが…

      • セールス
        8月9日
        【第2回】足で稼ぐ法人営業は時代遅れ! プッシュ型営業に頼る企業が抱える4つの問題点

        営業マンが顧客の元に足を運び商談をするモデルは時代遅れ。本コラムでは安定した受注を取れる新しい営業組織をつくるために見直すべき4つの問題点…

      • マーケティング
        7月12日
        企業間取引(BtoB)に「個人消費」の理論を取り入れると必ず失敗する

        BtoBのWebマーケティングについて解説する前に、BtoC とBtoBにおけるマーケティングの違いについて説明しておきましょう。BtoCとBtoBにはいろいろな違いがありますが…

成長する企業が選ぶ 顧客を引き寄せるブランディング戦略

ブランディングは具体的な成果が見えないためにおざなりにされがちですが、現代の企業にとって重要な経営戦略のひとつです。その理由と具体的な手法について、ご紹介します。

    • ブランディング
      7月12日

      ワン・トゥ・ワンマーケティングを成功に導くニッチブランド戦略

      ワン・トゥ・ワンマーケティングとは顧客と一対一の信頼関係をつくってモノを売る方法であり、以下のようなメリットがあるといわれています。①リピート率の向上 顧客との間に親密な関係が築かれることにより、商品の購入を繰り返してくれる可能性が高まります。 ②関連商品等の追加販売による売上拡大一対一でやり取りを……

    • ブランディング
      7月12日

      強いファンを獲得し、売上を一気に伸ばす「ニッチブランド戦略」とは?

      「ニッチブランド」という言葉には馴染みがあまりないという人が多いかもしれません。 ニッチブランドとは、一般に「特定の市場における少ないニーズに応えることで消費者から強い支持を得ているブランド」などと定義されています。

    • ブランディング
      7月12日

      業界ナンバーワンになるために必要な「ブランド構築13の視点」

      広範囲にわたる競合の中で、顧客は自分が欲しい結果に対してナンバーワンの商品やサービスを選択します。それは動かし難い事実です。2番目の商品を積極的に選ぼうとする人はいないでしょう。会社が顧客から選ばれたいのであれば……

    • ブランディング
      7月12日

      埋もれた企業価値を発見・活用し、企業を成長させる「潜在価値開発」とは

      「潜在価値開発」とは決してマーケティングに範囲を限定した理論ではない。埋もれていて潜在化している価値を発見し活用することである。従って「潜在価値開発」した潜在価値は本来、商品開発やビジネスモデル創造にも活用できる。しかし本コラムではあえてマーケティングにフォーカスし、潜在価値マーケティングとして範囲を限定している。その理由はなにか。実際、ビジネスモデルや商品そのものよりもマーケティングコミュニケーションに問題のある企業がほとんどだからである。このことに気づいていないから仕方ないとも言えるが、目の前のマーケティングの問題と向き合うことなく、商品に逃げてしまう企業がほとんどだ。……

    • Coming soon...

書籍は信頼性に優れた唯一無二の媒体

書籍ほど多くの情報を順序立てて伝えることができる媒体はほかになく、人は深く悩みを抱えたときに書籍に頼ります。ネット隆盛の現代でも価値ある情報発信ができる書籍の特性と、そのメリットを解説いたします。

書籍出版というマーケティングで得られる4つの効果
企業ブランディングとしての書籍活用
書店は本を買うためだけの場所じゃない! 経営者のための書店活用術
「書籍」で商品・サービスの認知向上を狙った事例7選
デジタルシフトの今だからこそ、「書籍」で就活生にアプローチ!
書籍を使ったプロモーションを行うメリット
広告宣伝手法としての「書籍出版」の5つのメリット

圧倒的成果をもたらす企業出版その魅力、効果とは

企業出版の目的は書籍の売上ではありません。 さまざまな経営課題を解決するために用いられるブランディング手法です。企業出版がもたらす効果や事例をご紹介いたします。

    • [出版事例]不動産投資セミナー集客150人を実現! 30件以上の受注を獲得!
    • [出版事例]出版から半年経過後も、毎週新規患者が来院!書籍の集患効果を実感
    • 出版事例 7月12日
      [出版事例]”魂の込もった1冊”の出版で、人事業界の背中を押したい!
    • 経営者マーケティングを書籍出版で実現する方法
    • 新規開拓・見込み客育成における書籍出版のメリット
    • 実用書だけじゃない!ブランディング書籍事例
    • 経営者マーケティングを書籍出版で実現する方法
    • 新規開拓・見込み客育成における書籍出版のメリット

よくある質問

よくある質問