ピックアップ

幻冬舎MC主催セミナー12/10(火)開催決定! 「首都東京の真実!なぜ今東京に投資すべきなのか?」

PR:セミナー情報

経営者の思いが読者に深く伝わる――「書籍」だからこそ解決できる企業の課題

著者:GMCブランド戦略室

顧客から選ばれる企業へ変革せよ! PULL型集客、競合との差別化……企業の戦略的出版が企業に与えるメリット

著者:GMCブランド戦略室

企業に迫る危機 売れない時代の到来。
9割の経営者が見落としている成長阻害要因

経営理念や育成方針が浸透しない……「人材が育たない」とグチる経営者が気づいていない問題点

著者:末永 春秀

中小企業経営者の目に見えないところに潜んだ業績低迷の真因

著者:野村 宜功,丸山 直明

【連載第1回】経営難に陥る原因のほとんどは「人事」に潜んでいる

著者:小野 耕司

疲弊する組織 前例踏襲型の課題解決に
囚われている企業は淘汰される

ワンマン社長は要注意! 社員の自発性を奪い「やらされ感」を植え付ける指示・命令とは

著者:今井 啓介

【連載第2回】人事に問題がある組織は成長できない! 経営者が解決すべき採用・人事制度の問題点

著者:小野 耕司

【連載第3回】社員が活躍できる営業組織づくり 3つのチェックポイント

著者:吉田 融正

課題解決の鍵 成長する企業が選ぶ、
顧客を引き寄せるブランディング戦略

度重なる離職は採用に問題あり! 社員の定着率を高める方法

著者:GMCブランド戦略室

マス広告では費用対効果が合わない……ニッチなターゲットを効率的に集客する広告手法とは

著者:GMCブランド戦略室

創業時の想いを忘れてはならない! 長寿企業こそ徹底したい“企業理念”の社内周知

著者:GMCブランド戦略室

幻冬舎式ブランディング出版の特徴

書影 25年で24作品のミリオンセラーを輩出 幻冬舎グループのベストセラーの方程式

企業の価値や伝えたいメッセージを
読者のニーズに合致した企画に落とし込む

幻冬舎は創業以来、「つくる、知らしめる、売る」のサイクルを徹底してきました。
すなわち著者と正面から真剣に向き合って書籍をつくり、それをあらゆるメディアで知らしめ
読者像の分析結果から割り出した最適の流通チャネルを通して徹底的に売る、という戦略を実践してきました。
その結果、幻冬舎は創業25年で24作品のミリオンセラーを出すという業界随一の実績を積み上げてきました。

1,100社以上から支持される理由

ミリオンセラーは、全国3,000以上の出版社があるなか、年間2、3作品ほどしか生まれません。
出版業界が不況であっても、読者のニーズを的確にキャッチし、著者と編集者が魂を込めて書籍をつくりあげ、
少しでも多くの読者に知らしめる広告宣伝と1冊でも多く売る販売活動を推進すれば、
結果は必ず付いてくるーということを体現してきました。

経験豊富な編集者による創造的な企画

ほとんどの出版社が作り手主導のプロダクトアウト型で書籍を制作しているなか、幻冬舎グループは、読者層の徹底リサーチを行い、マーケットイン型で書籍を企画。

つくる

徹底した広告・パブリシティー戦略

本を売るだけでなくムーブメントを起こすことを考え、戦略を組むのが幻冬舎流のプロモーション戦略。 24作品のミリオンセラーを輩出してきた幻冬舎ならではのメディア発信力を駆使し、幅広い読者の心をつかむ。

知らしめる

データを駆使した効率的な販売戦略

ヒットを量産するために不可欠なのが、大手有力書店との強固な協力関係。幻冬舎グループでは、自社の書籍を重点配置してもらえる特約店ネットワークを構築。全国4,000店舗(105法人)の書店で、他出版社と比べ、圧倒的な 優位性を有する。

売る

徹底された独自の分析手法
「GTRS・TSO」によって企画を磨く

伝えたい読者ターゲットの調査に基づき企画を作成する、マーケットインの発想で編集者が貴社の企画を創り上げます。
GTRSとはGoal(読者と企業それぞれのゴール)、Target(想定読者の属性やニーズ・関心)、Research(内部要因と外部要因)、S:書棚(想定書棚や類書の購買マーケティング)を分析することです。

TSOはタイトル、サブタイトル、章立てのこと。ライター、デザイナー、フォトグラファー等制作メンバーは幻冬舎グループで実績のある者のみ起用します。企業の課題解決を実現するためには、業界やビジネスへの深い理解が必要です。そこで幻冬舎グループは独自の分析手法を生み出しました。GTRS・TSOには実績のある弊社独自の制作ノウハウが詰まっています。

書籍は信頼性に優れた
ブランディングメディア

書籍ほど多くの情報を順序立てて伝えることができる媒体はほかになく、人は深く悩みを抱えたときに書籍に頼ります。
ネット隆盛の現代でも価値ある情報発信ができる書籍の特性とその効果についてまとめました。

資料ダウンロードはこちら
目的に合わせた流通戦略とプロモーション戦略

一人でも多くのターゲットに書籍を知らしめる

1ヵ月で6,000冊以上の書籍が刊行される出版マーケット。安定した“流通力”がなければ、メッセージを効率的に発信できません。
いかに読者ターゲットの手元へ書籍を届けるか。「知らしめる」こと、「売る」ことがそのカギとなります。
確実に書店に配本されるよう、幻冬舎では全国4,000店舗(105法人)のチェーン書店と特約店制度を結び、戦略的・効率的に配本できる体制を整えています。
あわせて、数多くのベストセラーを生み出してきた独自のマーケティングデータに基づき、
貴社ターゲットに最大限アピールできるプロモーション・配本戦略を実行することができます。

あらゆる業界の企業が直面する経営課題を解決

法人向けブランディング出版サービスに専門特化した「企業出版」を生み出し、サービスとして展開してから15年目を迎えました。最多リピート点数は8冊、累計発行部数は765万部を超えています。
数々の業界・サービスを世に知らしめるための書籍をつくり、成果を創出してきました。法人向けブランディング出版サービスに専門特化することで、ノウハウを蓄積し、あらゆる業界の企業が直面する経営課題を解決するために展開いたします。

よくある質問

FAQ

Q出版費用の概算が知りたい。
Q企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)のサービス内容を知りたい。
Q原稿を書く時間が取れないのですが。
Qなぜ書籍を出版することでブランド力が高まるのですか。
Q自費出版と企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の違いは?
Q社史、周年史、記念誌の制作はできますか。
Q東京以外でも制作・出版は可能ですか?

サービス案内資料のご案内

弊社サービス内容を知りたい方は以下フォームよりサービス案内資料を
ダウンロード頂き、ご参照ください。

資料ダウンロードはこちら

お問い合わせ・資料請求

ご不明な点や企業出版のご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

TEL03-5411-6440

平日 9:30〜18:00(年末年始・GW・夏季・冬季期間を除く)

資料請求・お問い合わせフォーム

無料お見積もり

お客さまの求める課題解決の内容によって、制作費用は異なります。
まずはお気軽にご相談ください。

お見積もりはこちら