よくある質問

企業出版(ブランディング出版):HOME > よくある質問 > » 自費出版と企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の違いは?

よくある質問

自費出版と企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の違いは?

自費出版と企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の大きな違いとして、下記の5点がございます。

・出版の目的と意義
 自費出版は、主に自分の原稿・作品を書籍として形に残すことが目的に対し、企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の目的はあくまで「企業の課題解決」に特化しています。集客・販売促進・ブランディング・インナーコミュニケーションなどこれまでに携わった目的・課題は多岐に渡りますので、お気軽にお問い合わせください。

・マーケット・イン視点での企画提案
企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)における「読者層」とは、企業の「潜在顧客」のこと。より広く・多くの方に作品を知らしめるのが自費出版に対し、企業がターゲットとしている層へ情報を届けるのが企業出版の使命です。そのため、企業出版では市場調査やパブリシティ活動を通し、ターゲット読者層へのリーチを強化しています。

・企画立案、原稿執筆から出版までのマネジメント
幻冬舎メディアコンサルティングでは、単に「読んで面白い」書籍ではなく、読後に「新たなアクションを起こしてもらう」ための仕掛けづくりに、長年取り組んできました。そうした企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)専門のノウハウを生かし、ブランディング効果を得るためのタイトル、帯コピー、構成、原稿執筆などをトータルでマネジメントさせて頂いています。

・全国約4,200書店への大規模な配本
自費出版で最も多い悩みの一つが「書店に並ばない」こと。せっかく力を注いで制作した書籍であっても、まず多くの方の目に留まらなければ意味がありません。幻冬舎メディアコンサルティングの企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)では、書籍の効果をより感じて頂くために、数々のベストセラーを輩出してきた幻冬舎の流通網(全国約4,200書店)を活用し、大規模な配本を行ってきます。

・パブリシティ活動
魅力的な書籍に出会う場面は、決して書店だけではありません。雑誌やニュースサイト、新聞など、書籍の紹介やインタビュー記事を掲載する媒体によって、書籍のトレンドは日々刻々と変化していきます。自費出版された書籍の多くが日の目を見ることが少ない昨今、企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)では、書籍と読者との出会いの場をより多く演出するため、プロモーション専門の部署を設け、他メディアへの働きかけを強めています。


自費出版は出版そのものをゴールとしますが、幻冬舎の企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)は出版後の結果にこだわり抜きます。制作工程、販売体制、費用など、自費出版との細かな違いについて、ご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)サービスについてのご案内はこちら


企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)に関する資料請求・その他お問い合わせはこちら
問合せ

費用に関するお問い合わせはこちら
見積もり


また、自費出版と企業出版(ブランディング出版/カスタム出版)の違いも含めた出版に関しての勉強会も弊社にて随時開催しております。
少人数制の気軽な勉強会になりますので、宜しければお気軽にご参加ください。


無料勉強会はこちら
勉強会

他の質問も表示する
他に知りたいこと・ご質問がある方はこちらからメッセージをお送りください
  • クライアントインタビュー
  • 企業ブランディング法
  • 数字で見る幻冬舎MC

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼