• ホーム
  • コラム
  • 注目を集めるフィリピン不動産投資のメリット&デメリット

コラム

注目を集めるフィリピン不動産投資のメリット&デメリット

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

海外不動産投資5つのメリット



国内の不動産投資市場が飽和状態ともいわれる昨今、
海外の不動産投資が注目を集めています。

国によっては格安物件がまだまだ多く、
また、複数の物件を所有することもできるのです。

一般的に、海外不動産投資のメリットは以下の5つです。

  1. 短期間で得られるキャピタルゲイン
  2. 高確率のインカムゲイン
  3. リスクの分散化
  4. 節税対策
  5. 永住権の取得

国によって条件はさまざまあるものの、
外貨を利用することでリスクを分散できたり、
投資家ビザを受け取れることで永住権を所得できたりする点は、
投資家にとって大きなメリットです。


フィリピン不動産投資はメリットだらけ?



では、どの国の物件に投資すればいいのでしょうか。
人気が高いのは、人口増加、経済成長が期待されるアジア諸国です。
特に近年人気を集めている国は、フィリピンです。

  • フィリピン不動産投資のメリット①住宅需要の拡大が見込める
  • フィリピンは、世界の人口ランキングで第12位。 また出生率については、ASEAN加盟国の中で最も高く、
    その総人口は、2050年に約1億7000万人に達するとまでいわれています。
    今後ますます住宅需要が拡大することが期待できます。

  • フィリピン不動産投資のメリット②クオータービザが取得できる
  • クオータービザを取得することで、
    非居住者の外国人であっても不動産価格の8割の融資を受けられます。
    クオータービザは、年齢制限や有効期限がなく、
    犯罪歴や伝染病などの問題がなければ誰でも取得できます。
    この制度は世界的に珍しいもので、融資を求めて多くの不動産投資家が集まります。

  • フィリピン不動産投資のメリット③物件が安価である
  • 首都一等地のマンションであっても安く購入できるため、
    都内よりも安価で、タワーマンションのようなグレードの高い物件が手に入ります。


不動産投資初心者が騙されないために知っておきたい2つのポイント



“メリットだらけ”にみえるフィリピン不動産投資。
これでは、多くの投資家が挙ってフィリピンに不動産を所持し始めるでしょう。

しかし、デメリットも理解しておかなければ、
思いもよらない事態に陥ってしまいます。

まず、クオータービザに関してですが、
誰でも取得できるわけではありません。

日本への割当は例年、年間50枚のみ発行されます。
選ばれし50人に入るには、入念に準備する必要があります。

次に、治安の悪さです。
もちろんフィリピン全土の治安が悪いというわけではありません。
エリアによっては欧米に比べて犯罪率は低いものの、
銃を持った住民が多いため、危険な状況に出くわす恐れがあるということです。

何事にも長所と短所はあります。
このように、フィリピン不動産の「オモテとウラ」を知れば、
ビジネスに結びつけることが可能になるのです。

今後、フィリピン不動産の需要を知って、
自社の儲けのみを考える悪徳不動産会社が増えてくるかもしれません。

投資家が不動産会社を選ぶとき、おさえておきたいポイントは、

  • セミナーや現地ツアーを開催している
  • 現地での不動産登記に強いエージェントがいる
以上の2点です。

不動産投資は、多額の資金を投じるものです。
不動産会社の情報を集め、比較して、
信頼できる会社を見抜く力が成功のカギといえるでしょう。


 

幻冬舎メディアコンサルティング

小出 聡美

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら