コラム

バイラルマーケティングの手法とメリット

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

バイラルマーケティングを検討する企業は非常に増えてきています。手軽であることや挑戦しやすいなどの理由から、大手企業のみならず多くの中小企業も取り入れていて、成功しているケースが多いです。

そこで、初めてのバイラルマーケティングを検討している方のために、「手法」と「メリット」についてご紹介します。バイラルマーケティングをどのように行えばよいのかわからない…という方はぜひチェックしてみてください。

バイラルマーケティングの手法

バイラルマーケティングの手法は数多く存在していて、それぞれに特徴があります。今回は一般的なバイラルマーケティングの手法をご紹介します。自社に取り入れる際の参考にしてみてください。

インフルエンサーに依頼

比較的会社の手間が少ないのがインフルエンサーへの依頼です。

インフルエンサーとは、社会に対する影響力が大きい人物のことで、簡単にいえば芸能人のような存在です。最近では「ユーチューバー」「ブロガー」などがインフルエンサーとして認知されていることが多く、こういった人物にプロモーションを依頼するケースがあります。

インフルエンサー自身にプロモーション内容を考えてもらうこともできるため、会社側の手間が少ないというメリットが挙げられます。

時事ネタを取り入れる

時事ネタを取り入れたプロモーション内容はバイラルマーケティングとして成功しやすい傾向にあります。多くのユーザーが興味を抱いている時期に時事ネタを盛り込むことで一気に認知してもらうことが可能です。

ただ、時事ネタ自体の話題が少なくなってくると、必然的に発信したプロモーション効果も薄くなる傾向にあるため、ネタ探しとプロモーションへの導入は迅速に行う必要があります。

大規模なプレゼント企画

大規模なプレゼント企画もバイラルマーケティングの手法の一つです。

例えば「自社商品10年分贈呈」「自社サービス一生無料」など、思わず目を引く大規模なプレゼント企画を発信します。こうした規模の大きいプレゼント企画は、「すごいプレゼント企画が開催されている」とユーザーの間で話題になり、拡散されやすいものです。

ただ、中途半端な企画内容では盛り上がりに欠けてしまう可能性もあるため、思い切ったプレゼント企画が必要となります。

ユーザー同士のコミュニケーションを目的にしたサービス

ユーザー同士のコミュニケーションを目的とした手法も存在します。

例えば「500万リツイート達成で500万円相当の○○を作成します」「〇〇に1,000人集まったらロケットを発射」など、ユーザー同士でコミュニケーションをとれるような内容でプロモーションする手法です。「一緒にやろうよ」「誰か一緒に行きませんか」などSNSで話題になりやすく、拡散力は非常に高いといえます。

バイラルマーケティングのメリット

バイラルマーケティングには具体的にどのようなメリットが挙げられるのでしょうか。

短期間で爆発的な認知度の向上

まずメインのメリットとなるのが短期間での認知度の向上です。しかも、徐々に認知度が向上していくのではなく、爆発的に認知度が向上されるため、「一気に自社を宣伝したい」という企業にピッタリの戦略です。

低コストで宣伝が可能

広告の出稿と比較すると宣伝費は低コストです。SNSは無料でアカウントを開設できますし、それぞれユーザー自身が情報を共有するため拡散にもお金がかかることはありません。手法や企画内容によっては0円での宣伝も実現できるため、宣伝費の予算が少ない企業でも安心です。

購買意欲を刺激しやすい

バイラルマーケティングは、「感情」「心理」に直接アプローチするため、購買意欲を刺激しやすいというメリットがあります。また、認知度の向上に比例して売上数も向上するため「みんな持っているから自分も買おう」という心理にさせやすくなります。



バイラルマーケティングの手法は非常に多く存在します。アイデア次第でその手法は無限大といっても過言ではないでしょう。バイラルマーケティングを検討している方は本記事を参考にしながら、自社らしいプロモーションを考えてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら