経営者向け

出版コンサルタントって必要?メリットと注意点について

近年「出版コンサルタント」の必要性について注目され始めています。ここでは出版コンサルタントに依頼するメリットや注意点についてご紹介します。

出版コンサルタントとは

出版コンサルタントとは、文字通り書籍の出版に関連したコンサルタンティングをする人を意味します。出版する上で必要な知識を持っていて、テーマを選定する上でのセンスやトレンドに沿った企画を提案できるアイデア力などが求められ、対応範囲が広いのが特徴です。初心者では知ることが難しい業界についての情報を把握しているため、「出版で失敗したくない」という企業にとっては心強い味方となります。

出版コンサルタントのメリット

出版コンサルタントに依頼するメリットとしては何が挙げられるのでしょうか。

専門家に執筆を依頼できる

まずは、出版関係の専門家に執筆を依頼できるというメリットがあります。原稿の作成が苦手もしくは経験が少ない人が対応すると、内容に不足があったり表現が不安定になったりしがちです。専門家に依頼して高品質の原稿に仕上げてもらうことは、企業にとって大きなメリットなのではないでしょうか。

出版に関する相談ができる

出版に関する相談ができるのも出版コンサルタントに依頼するメリットの一つです。「テーマは何がよいか」といった基礎的な相談から、「カバーは何にすべきか」「デザインはどうしたらよいか」「レイアウトは何が適切か」といった感性的なセンスの面においても相談ができます。過去の経験から適切な回答をしてもらえるため、内容も見た目も洗練された書籍に仕上がるでしょう。

企画書の提出や打ち合わせなどの業務を代行してもらえる

出版コンサルタントは相談だけではなく、企画書の作成・提出、出版社との打ち合わせなど、手間や時間がかかる面倒な業務の代行もしてくれます。本業が忙しい場合、なかなか書籍づくりに時間を割くことは難しいですから、一連の業務を代行できるのもメリットといえます。

売れやすい書籍作成のアドバイスがもらえる

せっかく費用をかけて書籍を作成するわけですから「売りたい」というのが正直なところです。そうした、企業の意思を汲み「売れやすい書籍」を作成するアドバイスをもらえるのも出版コンサルタントに依頼するメリットです。近年のトレンドをもとにニーズにマッチしたテーマや構成、表現やボリュームに至るまで専門家目線でのアドバイスが受けられます。

出版コンサルタントに依頼する際の注意点

出版コンサルタントへの依頼はメリットが多いのが魅力ですが、いくつか注意点があります。実際に依頼する前によく確認しておきましょう。

依頼費用が高額

見逃してはならないのが「依頼費用」についてです。出版コンサルタントへの依頼は費用が高額になるケースが多く、依頼前に十分な予算を組むことが重要です。具体的な依頼内容によって金額は異なりますが、数百万といった費用が発生する場合もあります。費用を抑えるためには自分たちで対応できる範囲はなるべく自分で行うことがポイントとなります。

個人情報を提供することを理解する

出版コンサルタントに依頼する業務によっては、個人情報を提供する必要もあります。例えば「打ち合わせの代行」「執筆代行」「出版社との契約内容の確認」などは、個人情報の提供・確認が必要となるケースがあります。そのため、きちんと信頼できる出版コンサルタントを見つけて依頼しなければなりません。



出版コンサルタントは、企業が書籍を出版する上で心強いパートナー的な存在です。出版に関する悩みや疑問を解決に導いてくれるだけでなく、業務を代行してくれるという「手間の軽減」としてもメリットがあります。ご紹介した「注意点」を理解したうえで、出版コンサルタントへの依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

幻冬舎MC facebookページ

企業ブランディングに役立つ資料を無料でご提供いたします。

サービス案内

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

ご不明な点や企業出版のご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください!

03-5411-6440 平日9:30〜18:00
(年末年始・GW・夏季・冬季期間を除く)

無料お見積もり

お客さまの求める課題解決の内容によって、制作費用は異なります。まずはお気軽にご相談ください。