• ホーム
  • コラム
  • たった一冊の書籍が持つ圧倒的なブランディング効果とは?

コラム

たった一冊の書籍が持つ圧倒的なブランディング効果とは?

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

企業ブランディングには書籍を活用するのも有効で、多くの情報を順序立て広い範囲に伝えることができます。

読者にとって有力な情報を伝え、企業の信頼を高めることで企業のブランド力を高めることができるほか、社員に対してもビジネスモデルを明確にすることが可能です。 ここでは、書籍で得られるブランディング効果やその他のメリットについてご紹介します。

書籍は企業や個人の実績や理念の集大成

近年では、書籍を利用した企業ブランディングが増えてきており、広告宣伝の一環として書籍を出版する「企業出版」という言葉も浸透してきました。

企業出版の場合、出版そのものが目的ではなく、ターゲットとなる読者と出版のゴールを明確にし、出版後の反響が本当の目的です。

新規事業開拓や人材採用、集客強化、企業の認知度アップ、競合他社との差別化など、さまざまな問題解決に有効で、「カスタム出版」や「ブランディング出版」といった呼び名が存在します。

また、目標達成に書籍を利用する手法は複数あり、そのうちブランディングに最適な手法が企業出版になります。

企業出版(ブランディング)

法人が費用を負担して書籍作成をする出版形式で、ブランディングや集客といった経営課題の解決が主な目的となっています。

商業出版(本の売り上げと印税)

出版社が費用を負担して書籍作成をする出版形式で、書籍の売り上げや印税が主な目的となります。

自費出版(表現欲求の実現)

著者側が費用を負担して書籍を作成する出版形式となるため、自分が伝えたいことを自由に表現することが可能です。

企業のビジネスモデルが社員にも、顧客にも明確になる

企業ブランディングを行うことで得られる効果はさまざまで、主となるメリットは以下とされています。

<企業ブランディングの主な効果>

  • 競合との差別化
  • 固定客の確保
  • 顧客ロイヤリティの強化
  • 価格競争の回避
  • 企業の調達力向上など

ある企業ではブランディングに書籍を活用したことで、社内における企業理念の明確化がはかれ、理念に共鳴するスタッフ採用にも成功したという事例がありました。

この企業は不動産オーナー専門の税理士・司法書士を行っている会社で、企業理念が統一できていないという問題を抱えていましたが、「書籍に投影することで確固たる理念が完成するのでは」という想いから企業出版を決断。

出版後はみごと事務所の強みや目指すべき方向性が明確になり、企業理念の統一を実現することができたのです。

このことから、書籍は単なるツールではなく、今後の企業の在り方などを考え直すきっかけにもなっていて、企業出版は担当者の考えや現状の課題、今後の方向性を整理する手段としてもおすすめだといえます。

また、企業出版は「期待した候補者が集まらない」「退職者が後を絶たない」などの採用課題の解決にも効果的です。

主な採用問題

  • 意図している候補者が集まらない
  • 誤った業界イメージがあり、条件を変えても人が集まらない
  • 必要な人材に対して企業の魅力が下回る
  • 内定を出しても同業企業に採られてしまう
  • 採用前の案内不足で、入社後の早期退職者が多い
  • 有資格者が確保できないなど

同企業では、書籍を読んで自社理念に共鳴する若手スタッフの採用にも成功しており、以前よりも安定した業務運営ができるようになりました。

制作過程で自社を見つめるきっかけが生まれる

企業出版では、読者に対するアプローチだけではなく、同じ企業で働く社員やスタッフに対しても自社を見つめ直すきっかけを与えてくれます。

先ほど例を挙げた不動産オーナー専門の税理士・司法書士を行っている会社の場合、編集者と打ち合わせを重ねる中で自社の企業理念が明確になっていき、自社社員に企業理念を浸透させることができました。

企業規模が大きくなると、どうしても社員一人ひとりに企業理念を浸透させるのが難しくなってくるものです。

しかし、そんな企業こそ書籍の活用がおすすめです。作業過程において自社を見つめるきっかけになるほか、経営者(担当者)と社員のズレなども明確になっていくため、「どの部分の意識がズレていたのか」「企業理念が浸透しなかった原因は何なのか」といった具体的な要因まで明確にすることができます。

また、経営者の考えを社員に配布することはモチベーションアップにもつながりますし、社史を編纂することで創業時の想いなどを改めて認識するきっかけにもなるでしょう。

まとめ

一冊の書籍が持つブランディング効果はとても大きいものです。企業出版は企業の抱える経営課題を解決する有効なツールとなり得ますから、戦略の一環として検討してはいかがでしょうか?

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら