企業 ブランディングコラム

企業出版(ブランディング出版):HOME > 企業 ブランディングコラム一覧 > 書籍売れ筋傾向からみる資産運用のトレンド

投資・資産運用 出版

書籍売れ筋傾向からみる資産運用のトレンド

個人の「投資」「資産運用」への関心高まる

「アベノミクス」の恩恵を受けた大企業もあれば、未だにその実感を得ない中小企業―。
リーマンショックで経済が落ち込んで以来、富裕層と貧困層の二極化はどんどん明確になってきています。
その二極化の中にあって、「資産運用」する、つまり「自分の資産は自分で育てる・守る」という考えの方も多くいらっしゃるのでしょう。

「日銀資金循環統計」によると、2003年から2013年にかけて、個人金融資産残高に占める投資信託の比率は、時価上昇効果と相まって、2.2倍になっているとのこと。
統計の面から見ても、個人でも「投資」という資産運用方法にチャレンジし始めていることが読み取れます。
ただ銀行に預けておくだけでは心もとなく、攻めの姿勢を見せ始めているということでしょうか。

個人レベルにまで浸透し始めている資産運用について、今売れている書籍ランキングは以下の通り。

※2014年12月22日現在・楽天市場「楽天ランキング市場」調べ・電子書籍含む

1.FOREX NOTE 2015 為替手帳 黒 (堀内昭利)

2.めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ダイヤモンドザイが作った「株」入門改訂第2版 (Diamond ZAi編集部)

3.バフェットからの手紙 [第3版]世界一の投資家が見たこれから伸びる会社、滅びる会社(ローレンス・A・カニンガム)

4.デイトレード (オリバー・ベレス)

5.会社四季報2015年1集新春号(会社四季報編集部)

6.一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門 (ザイFX!編集部)

7.大金持ちの教科書 (加谷珪一)

8.高勝率トレード学のススメ (マーセル・リンク)

9.FOREX NOTE 2015 為替手帳 黄 (堀内昭利)

10.FX トレードレッスン【厳選35問】(二階堂重人)

 

FX関連書籍が複数ランクイン

最新のランキングにFX関連の書籍が複数ランクインしています。
スタート時の資金をさほど要さない事、ネットで24時間取引が可能な事、手数料が外貨預金よりもはるかに低い事、また一見株ほど難易度が高くない事から多くの人が資産運用手法の中でこのFXに注目をしていると推測されます。

さほど多くはない元手をいかに膨らませるか、というのがここ数年のトレンドなのでしょう。
確かに「年金はちゃんともらえるのか」「もらえたとしても金額はさほど多くないだろう」という年金不信が誰の頭にもある昨今ですから、このような動きも不思議ではありません。

資産運用の中でもネットで取引が完結するFX、今後も”参戦”する個人が増えることは間違いがなさそうです。

幻冬舎MC facebookページ

  • 企業 ブランディングコラム 一覧

企業ブランディングに役立つ資料を無料でご提供いたします。」

  • 無料ダウロード資料 企業ブランドで差をつける押さえておきたい6つのポイント
  • 企業出版 成功事例集
  • 資料請求 企業出版の詳しい資料をお送りします。

関連コラム

出版社とAI ~これからのクリエイティブのカタチ~
ビジネスにおいて人工知能(AI)が最も活用され、その効果を期待されている役割の一つに「業務…
コンセプトの一貫性が決め手!メディアミックスで実現する企業のブランディング
昨今、人々が情報収集を行う手段として、インターネットが一般的になってきました。 知りたい…
SNSが生む現代の新しいマーケティング
スマートフォンの登場で市場が変わる 近年スマートフォンの普及により、SNSがますます…
日常で使えるコーチングの基礎
コーチングは主に、「相手に質問を投げかけ、相手から答えを引き出すスキル」と言われています。…
お問い合わせ・資料請求