企業 ブランディングコラム

企業出版(ブランディング出版):HOME > 企業 ブランディングコラム一覧 > 企業ブランディングとしての書籍活用

サービス案内

企業ブランディングとしての書籍活用

ブランディングとは、企業経営における第5の経営資源と言われる「ブランド」に対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略のことです。特に社会における企業信頼を高める方策のことを「企業ブランディング」と言います。

ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくことは企業を経営していく中で欠かせないことです。

ブランディングの効果

ブランディングを行うことでもたらされる効果には以下のことがあげられます。

・競合との差別化
自社ブランドや企業ロゴ、スローガンなどで、競合他社とは区別されて認識されるようになります。

・顧客のリピーター化
顧客は知識が整理されることで再び同じ物を選ぶようになります。つまり、リピーターの創出に繋がります。

・顧客ロイヤリティの強化
親しみや信頼が増大されることでブランドロイヤリティが形成され、プロモーションコストを抑えても長期的に安定した売り上げの確保に繋がります。

・価格競争を回避する
『顧客にとっての価値』が訴求され、提供品質を無視した価格競争に参加する必要が無くなります。
同じ品質・スペックの商品について、競合よりも高い価格で販売が可能になるのです。

・ブランディングによって企業の「調達力」が上がります。
売上、人材、資金、販路、取引先など、企業の経営に必要な要素の調達がブランディングによって可能になります。
戦略的な企業ブランディングを行い、他社との差別化を図ることが企業の成長に繋がっていくのです。

企業ブランディングの手法

では企業ブランディングを行う時に何から始めればよいのでしょうか。
企業の今後の成功を左右する大事な戦略の1つなので失敗は許されません。
ブランディングを考える際は以下のポイントが重要となります。

・ブランディングコンセプトの明確化
・ターゲティング
・市場におけるポジショニング

自社の商品・サービスは何を目的にどのようなものを提供しているのか、コンセプトを明確にして、さらに誰をターゲットとすることが有効なのかを考え、市場の中でどのポジションに位置しているかを把握することが重要です。

企業ブランディングとしての書籍出版

書籍を使った企業ブランディングも有効な手段の一つです。
幻冬舎メディアコンサルティングでは企業のブランディングを目的とした出版を行っています。
書籍を制作する過程では書籍を出版する目的や誰をターゲットとするのか、しっかりと打ち合わせをしながら書籍の企画構成を作ることが重要です。
また、市場調査をしっかりと行い、どのような打ち出し方であれば他社にない企業の強みを読者に伝えられるのかを考えて戦略的に出版する必要があります。

書籍は多くの情報を順序立てて広い範囲に伝えることが出来ます。
読者にとってメリットとなる情報を伝え、企業の信頼性を高めることでブランド力の強化をはかれるのです。
ぜひブランディングを考える中で、書籍出版を検討してみてはいかがでしょうか。

幻冬舎MC facebookページ

  • 企業 ブランディングコラム 一覧

関連コラム

少子化のなか「予備校業界」で顧客を勝ち取る方法
大学受験予備校業界は現在、衰退していると言われています。 「少子化で生徒が減っている」—…
学習塾が今行うべき、保護者の注目度を高めるブックマーケティングとは?
学習塾やスポーツ教室、ピアノ教室など、習い事の選択肢が多様化する昨今、保護者の方々も、自ら…
「上梓」によるブランディング手法
みなさんは、「上梓」という単語をご存知でしょうか。「上梓」は、梓の木を版木に用いた起源から…
日常で使えるコーチングの基礎
コーチングは主に、「相手に質問を投げかけ、相手から答えを引き出すスキル」と言われています。…
お問い合わせ・資料請求