企業 ブランディングコラム

企業出版(ブランディング出版):HOME > 企業 ブランディングコラム一覧 > 職場の人間関係で悩むのは男性?女性?

サービス案内

職場の人間関係で悩むのは男性?女性?

職場で悩む女性は男性の2倍以上

今年9月、一般社団法人日本産業カウンセラー協会が「働く人」の相談件数を集計し、発表しました。(延べ628名による計1,025件の相談内容)
それによると、相談者の男女比は、男性199人(34.9%)、女性372人(65.1%)で、女性からの相談が男性の約2倍となっています。
相談内容でもっとも多かったのが「職場の悩み」についての相談で、男女合計で344件、全体の約35%を占めます。「職場の悩み」の中で「人間関係」について悩んでいる人は344件中136件となり、全体の約4割を占める結果となりました。

 多くの女性が職場で悩みを抱えるなか、政府は「2020年までに指導的な地位に占める女性の割合を30%にする」という目標を掲げており、官民そろって女性登用を推し進めています。
「女性のリーダー」の活躍が、今まで以上に期待される時代がやってきているのです。
これからの事業拡大になくてはならない女性の力を最大限引き出せる職場づくりは、多くの企業にとって重要な課題となりそうです。

 

人間関係の悩みは職場以外でも拡大中

大手書店で特設コーナーが設けられ、昨今話題になっているのが、「伝え方」や「コミュニケーションスキル」といった「人間関係」と強く紐づくキーワードです。中でも特に話題となっているのはアドラー心理学の本です。アドラー心理学は、人の悩みは人間関係から起こっているという考え方に基づいています。

人間関係、コミュニケーション、心理学に関心が集まる要因として、コミュニケーションの形の変化が挙げられます。
近年最も大きな影響を与えたのはSNSの普及ではないでしょうか。手軽なSNSが普及したおかげで私たちは以前よりも多くのコミュニティと繋がる機会を手に入れ、コミュニケーションはより簡単でスピーディーになりました。
しかし、手軽で頻繁に、多数と繋がることでそこにしばしばすれ違い、衝突が生まれます。

すると多くの人は、変化する環境に合わせ、人と衝突したり、すれ違ったりすることのないよう、「もっと上手に人と付き合いたい」と思うようになります。自身の考え、気持ちを伝えるスキルを向上させるだけでなく、相手が何を考えているのかも知りたいという欲求が高まり、結果、以前は一般には縁遠いものであったはずの心理学が今では多くの関心を集めるブームとなっています。

コミュニケーションの形が目まぐるしく変化する近年、人間関係の悩みは尽きることはありません。自分に合った働き方、ライフスタイルへの期待と関心は今後も高まるのではないでしょうか。

 

人間関係 関連のベストセラー(Amazonランキング)

1. 察しない男説明しない女 男に通じる話し方女に伝わる話し方 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)

2. 聞く力 心をひらく35のヒント (文春新書)

3. 人間関係が楽になるアドラーの教え (大和書房)

4. 叱られる力 聞く力 2 (文春新書)

5. 誰と会っても会話に困らない雑談力サクッとノート (永岡書店)

6. かかわり方のまなび方 ワークショップとファシリテーションの現場から (ちくま文庫)

7. 仕事も人間関係もうまくいく「気遣い」のキホン (すばる舎)

8. プロカウンセラーの聞く技術・話す技術 (マルコ社)

9. 怒る技術 (PHPエディターズ・グループ)

10. 〈ほめる達人〉が教える人に好かれる話し方41 「言った自分」も、「聞いた相手」もうれしくなる! (三笠書房)

幻冬舎MC facebookページ

  • 企業 ブランディングコラム 一覧

関連コラム

出版社とAI ~これからのクリエイティブのカタチ~
ビジネスにおいて人工知能(AI)が最も活用され、その効果を期待されている役割の一つに「業務…
コンセプトの一貫性が決め手!メディアミックスで実現する企業のブランディング
昨今、人々が情報収集を行う手段として、インターネットが一般的になってきました。 知りたい…
SNSが生む現代の新しいマーケティング
スマートフォンの登場で市場が変わる 近年スマートフォンの普及により、SNSがますます…
日常で使えるコーチングの基礎
コーチングは主に、「相手に質問を投げかけ、相手から答えを引き出すスキル」と言われています。…
お問い合わせ・資料請求