• ホーム
  • コラム
  • 企業ブランディングにおけるISO認証取得のメリット

コラム

企業ブランディングにおけるISO認証取得のメリット

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

成長する会社の特徴の一つに、業務が適切に標準化されている点が挙げられます。
 もちろん、営業で大きな数字を達成する、所謂「スタープレイヤー」の存在や、カリスマ性を誇る代表の存在があれば、業績面で一時的な成果を見込める要素となり得るでしょう。
 ただ一方で、個人のスキルや特長に頼り過ぎてしまうと、組織としての力は頭打ちとなってしまい、長期的な目線に立った時、大きな成果が見込みにくくなってしまう懸念があります。
業務の標準化により業務が明確化しサービス品質の向上を実現、引いては企業信頼力の獲得、企業の利益に繋げるアプローチ手法として、国際規格である「ISO」の取得・活用が注目されています。

 

国際規格「ISO」とは



産業分野の国際標準を定める国際機関の一つで、スイス・ジュネーブに本部があり、世界160ヶ国以上が加盟している機関です。ISO規格は番号によって整理され、多くの種類があります。

<ISOの種類と目的の一例>

■ISO9001:品質マネジメントシステム
→顧客に品質のよいモノやサービスを提供すること、「顧客満足」を目的としている。

■ISO27001:情報セキュリティマネジメントシステム
→情報の漏洩を防ぐことを目的としている。

■ISO22301:事業継続マネジメントシステム
→災害などの際、事業が継続できるようにすることを目的としている。


 また、ISO認証取得後は、そのシステムを「文書化」する必要がありますが、その理由としては以下の3点が挙げられます。


ISO認証取得後、システムを「文書化」する3つの理由



1、システムの明確化
2、マニュアルに基づく作業の標準化
3、社外への証明

 つまり、ISOを取得し文書化することで、社内の業務内容・システムが明確化し、標準化され、対外的なPRにも繋がるのです。
 また、ISOは、文書化した上で、PDCAを回しながら実践することが重要と言えます。

 幻冬舎メディアコンサルティング社のクライアントである株式会社ウィザード様は、 『カリスマ講師がいなくても「売れるスクール」になる方法』の書籍にて、スクール事業者に向けて、学習サービス事業における「ISO29990」の取得・活用および「売れるスクール」になるための具体的な方法を示しています。

 国際規格であるISOの資格を取得・活用し、正しく運用していくことで、業務が明確化・標準化し、経営基盤が強化され、サービスの質を向上させることが出来ます。引いては、企業の信頼力が高まり、企業の利益に繋がると言えるでしょう。
 企業の更なるブランディングのためには、ISO規格を取得し、活用することで、対外的なPRにもなり、更なる信頼力向上が実現されるのです。

 
この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら