コラム

価格競争に巻き込まれないための戦略を徹底解説

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

業界によっては激しい価格競争が発生することが少なくありません。顧客をとられないようにと、自社の商品やサービスを安売りしてしまう…という悩みを抱えている企業は多いと思います。

しかし、価格競争に巻き込まれないための戦略は意外と多く存在しています。現在価格競争に悩まされているのであれば、今回の記事を参考にしていてください。

価格競争とは

そもそも「価格競争」とは何なのでしょうか。

価格競争とは、競合他社との顧客の取り合いの中で、商品やサービスの価格を安く設定して顧客を呼び込む行為です。これが激化すると、業界のあちこちで安価な商品・サービスが蔓延してしまい、自社も安くせざるを得ない状況になってしまいます。

その結果「低価格が売りの企業」として認識され、結果として十分な収益につながらないなどのデメリットにつながるのです。商品やサービスに自信がある企業にとって、安売りをするというのは苦渋の決断であると思います。しかし、そんな状況を打開するための「戦略」は存在するのです。

価格競争に巻き込まれないための戦略

価格競争に巻き込まれないためにはどうしたらよいのでしょうか。比較的取り入れやすい3つの戦略をご紹介するので、ぜひ自社に合った戦略を検討しましょう。

ブランディングを行う

比較的定番であるのが「ブランディング」です。消費者にどういったイメージを抱いてほしいのかを考え、そうしたイメージを与えられる会社づくりを行います。

具体的には「商品デザイン」「サービス内容」「価格」「キャッチコピー」「品質の高さ」などがブランディングで取り入れられることが多いです。「金額は高いけれど信頼できる」「高品質で安心して使用できる商品」など、よいイメージを与えられるようなブランディングを意識して行います。成功すれば、価格を高く設定しても顧客が離れることはありませんし、価格に左右されずに新規の顧客を獲得することも可能です。

「他の会社よりも高いけれど、この会社の商品(サービス)を選びたい」と思ってもらえるようなブランディングを意識してみてください。

顧客とのコミュニケーション・交流を深める

可能であれば、顧客とのコミュニケーションや交流を深めることも大切です。例えばSNS上で積極的にユーザーとコミュニケーションをとったり、イベント企画を開催して対面でのコミュニケーションを図ったりなど。こうしたコミュニケーションや交流は、競合との差別化を図る上で効果的な戦略の一つです。

コミュニケーションを通じて信頼関係を築いたり、同じ企業の商品を使用している顧客同士で交流することで、商品に対する情報の共有・親近感などへもつながり、価格競争からの脱却を目指すことができます。

ニッチなジャンルを新規に確立

思い切ってニッチなジャンルを新規に確立してみるのも一つの手です。需要が少なくても供給側も少ない傾向にあるため、ピンポイントで顧客として獲得しやすい傾向にあります。

万人受けの商品で価格競争に巻き込まれた場合は、一部の人に受ける商品を提供してみましょう。価格競争に対する直接的なアプローチではありませんが、価格競争による収益の低下を防ぐことが可能です。



価格競争は企業にとって深刻な悩みであると思います。収益が低下してしまうだけでなく「安さが魅力の会社」といったイメージを抱かれてしまうことにもつながるため、企業にとってのデメリットは大きいといえるでしょう。 今回の記事ではそんな価格競争に巻き込まれてしまっている企業に向けての戦略についてご紹介しました。取り入れられそうな戦略は徹底的に取り入れ、ぜひ価格競争の脱却を実現してください。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら