コラム

ブランドアイデンティティの意味と効果

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

ブランドの構築において重要視される「ブランドアイデンティティ」。競合との差別化を図るためにも、絶対に把握しておくべき項目でもあります。しかし、そんなブランドアイデンティティはまだまだ広く知られておらず、実行している企業はごく一部であるといわれています。

今回は「ブランドアイデンティティ」について詳しく把握していない方のために、ブランドアイデンティティの意味と効果についてご紹介します。

ブランドアイデンティティの意味

ブランドアイデンティティとは、「顧客にどうイメージしてほしいか」を明確にして、そのイメージを抱いてもらうために言語にして働きかけることを意味します。

例えば「コストパフォーマンスが良いのに使い勝手も抜群な商品が多いブランド」「色鮮やかで奇抜なアイテムが多いブランド」など、特定のブランドイメージを抱いてもらうために、商品・サービスはもちろんのこと、経営方針や宣伝、マーケティングなども視野に入れて実行します。

ブランドアイデンティティの効果

ブランドアイデンティティにはどのような効果があるのでしょうか。

長期的なブランド戦略が立てやすい

長期的なブランド戦略が立てやすいという効果があります。これは、ブランドアイデンティティの実行によって「ターゲットの明確化」「他社との差別化」「売上予想」などがしやすくなり、長いスパンのブランド戦略の構築に役立ちます。

また、事前にニーズの調査も行えば失敗するリスクも少なく済み、成功しやすいブランド戦略を実現できるでしょう。

社員のモチベーションにつながる

あまり知られていませんが、ブランドアイデンティティは顧客や消費者だけでなく「社内」にも良い影響をもたらします。

まず、ブランドアイデンティティによって社員が自社の商品やサービスを正確に把握することにつながります。そして、具体的なブランドイメージによって「このブランドに携わっている社員の一人」としての自覚も芽生えるのです。社員にとってモチベーションの向上につながりますし、さらに仕事の品質の向上による収益の向上も見込めるでしょう。

ブランド戦略というと、社外へのアプローチのイメージが強いのですが、実際には社内へのアプローチにもなり、一石二鳥というメリットがあります。社内の環境に疑問や不安を感じている方は、ブランドアイデンティティを検討してみましょう。

商品やサービスの魅力を効果的に顧客に伝える

ブランドアイデンティティは、商品やサービスの魅力を簡潔に発信することでもあります。長々と魅力を語るよりも顧客に伝わりやすく、直感でイメージを抱いてもらえるため、購買意欲を刺激するというメリットもあります。

商品の価値やブランドビジョンなどをブランドアイデンティティとして発信することは、商品のみならず会社のイメージアップも期待できます。商品そのもののデザインや使用感はもちろんのこと、キャッチコピー、ホームページ上の文章、広報の文章など、様々な面でもブランドアイデンティティを載せることが大切です。



ブランドアイデンティティは、顧客や消費者からの印象を左右する重要なポイントとなります。さらに、働いている社員のモチベーションの向上も期待できるという、社内外に対して様々なメリットがあるのです。近年、ブランド志向が上昇していることから、今後も顧客を獲得するためにはブランドアイデンティティは必要不可欠な存在となっていくことが考えられます。今一度、自社の商品やサービスを見直し、ブランドアイデンティティを検討してみましょう。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら