• ホーム
  • コラム
  • コンテクストマーケティングとは?意味と目的について解説

コラム

コンテクストマーケティングとは?意味と目的について解説

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

マーケティングの基本は「消費者が求めたタミングで最適な商品を提供する」というものです。そして、これを実現するためのヒントとなるのが「コンテクストマーケティング」と呼ばれるマーケティング手法です。

ニーズが多様化する現代において、コンテクストマーケティングは重要なマーケティング手法であるため、マーケティング担当者はきちんと把握しておく必要があります。そこで、今回はコンテクストマーケティングの意味と目的についてご紹介します。

コンテクストマーケティングの意味とは

コンテクストマーケティングの「コンテクスト」は「文脈」を意味します。マーケティング業界では「どのようなプロセスを経て現在に至ったのかの情報」という意味で使われます。そして、この情報を元にしたマーケティング手法をコンテクストマーケティングと呼び、消費者にとってふさわしいタイミングでふさわしい商品を提供することを目指します。

コンテクストマーケティングの目的

「適切なタイミングで商品を提供する」というコンテクストマーケティング。確かに、マーケティングにおいて基本要素ではありますが、具体的にどのような目的があるのかわからない…という方もいると思います。

ここからはコンテクストマーケティングを導入する目的についてみていきましょう。

変化しやすいニーズへの対応

マーケティングにおいて消費者のニーズに対応することは基本です。しかし現代はニーズの変化が著しいことから、十分に対応できていないケースは少なくありません。そうした変化しやすいニーズへ対応することを目的として、コンテクストマーケティングが導入されます。

「いつ何が購入されるのか」「どの時期に何がトレンド入りしたのか」などを調査することで、変化しやすいニーズにも対応しやすくなり、消費者のニーズから逸れることなく商品を提供することができます。

タイミングを見計らってサービスを提供する

コンテクストマーケティングでは「なぜそのタイミングで欲しいと感じたのか」「いつ必要だと考えたのか」「考えてからどのくらいで購入に至ったのか」などを調査して分析します。その結果をもとに消費者に対して最適なタイミングで商品やサービスを提供します。

例えば「バレンタインデー」や「クリスマス」「ハロウィン」などがわかりやすい例として挙げられるでしょう。イベント時には必ずイベント商品が購入されるため、いつから販売をスタートすればよいのか、いつまで販売すればよいのかなどを予測することができます。

信頼度・ロイヤリティーの向上

信頼度やロイヤリティーの向上を目的としてコンテクストマーケティングが導入されることもあります。消費者のニーズに応じて商品やサービスを提供できることは消費者の満足度を引き上げ、信頼度やロイヤリティーの向上につながることが期待できます。継続購入や定期購入につながるため、長期的な収益の確保や長期戦略の立案がしやすくなり、安定した経営の実現が見込めるでしょう。



コンテクストマーケティングはマーケティングの基本ともいえる手法ですが、実現できていない企業が多いのが現状のようです。マーケティング担当者は今一度、消費者が求めたタイミングで提供ができているのか、ニーズに沿った商品の提供ができているか、などを確認してみましょう。

そしてこれをきっかけにコンテクストマーケティングを導入し、効率的な商品販売を目指してみてはいかがでしょうか。適切に導入し実行することで、現在の経営状況の改善はもちろんのこと、さらなる向上が期待できるかもしれません。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら