• ホーム
  • コラム
  • One to Oneマーケティングとは?意味と手法について具体的に紹介

コラム

One to Oneマーケティングとは?意味と手法について具体的に紹介

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

「営業の効率化」が重要視される現代。多くの消費者に向けて一斉に同様の広告を配信し、反応を待っている…といった手法を取り入れている企業は多いのではないでしょうか。しかし、近年はそうした手法は十分な効果が見込めないとして「One to Oneマーケティング」の導入が増えてきました。

今回はOne to Oneマーケティングの意味やメリット、具体的な手法などについてご紹介します。

One to Oneマーケティングの意味とは

One to Oneマーケティングとは、文字通り「1対1のマーケティング」です。とはいっても、顧客1人に対して担当者が1人つくというマーケティング手法ではなく、正確には顧客1人ひとりのニーズに沿って個別で対応を変えるというものです。

購買履歴や閲覧履歴、ニーズ、ライフスタイルなどを調査・分析した上で、個別に展開するマーケティング手法を「One to Oneマーケティング」と呼びます。

One to Oneマーケティングのメリット

One to Oneマーケティングは個別で対応内容が異なるため、一見効率が悪そうなマーケティングに思えますが、実際は全く逆です。

顧客の生涯価値の最大化

One to Oneマーケティングは顧客の生涯価値を最大化することにつながります。消費者からすれば「自分が求めていたもの満たしてくれる」という心理になるわけですから、継続購入につながりやすいというメリットがあるのです。特に、現代は消費者の要求が多様化していることもあり、大勢に向けたマスマーケティングでは顧客の生涯価値を拡大することは難しいといえます。

顧客の新規獲得がしやすい

顧客の新規獲得がしやすいというのもメリットの一つです。企業にとって顧客の新規獲得は決して簡単なことではありませんが、One to Oneマーケティングによる個別の対応であれば、顧客自身への直球的なアプローチが実現できます。

消費者ごとに求める情報を発信してアプローチし、商品に興味を持ってもらうまでのプロセスを構築できるのがOne to Oneマーケティングの特徴であるため、無駄のない効率的なマーケティングが実現できます。

One to Oneマーケティングの手法

では、One to Oneマーケティングはどのように取り入れればよいのでしょうか。ここからは手法について見ていきましょう。

顧客ごとに異なるクーポンや割引サービス

顧客それぞれのニーズにマッチしたクーポンや割引サービスを行います。例えば「誕生日」「性別」「子どものイベント」「ライフスタイル」など、個別のクーポンやサービスの提供を行いましょう。

また、Webサイトの閲覧履歴や商品の購入履歴をもとに、興味があると予想できる商品のクーポン、割引券なども効果的です。自社と顧客の特性に合わせて詳しい内容を検討してみましょう。

メールマガジン

メールマガジンの内容を顧客ごとに変更するのも手法の一つです。ただ、配信先が多い場合、それぞれに作成するのは非常に大変です。そのため似ているニーズを持つ顧客でグループ分けし、グループごとに異なるメール内容を検討することで、手間を軽減しつつ効率のよいマーケティングにつながります。

アプリの配信

アプリを配信し、顧客それぞれに自由にサービスを利用してもらうこともおすすめです。例えば「マイページ」を設定して、気になる商品をピックアップしておいたり、情報配信アプリであれば自分の興味のある情報カテゴリを設定して、オリジナルの情報配信アプリとして利用してもらうなど、様々なアプリの活用方法が存在します。



One to Oneマーケティングは効率が悪いというのは、誤解であることも多いです。顧客それぞれに効果的なマーケティングを実行できて顧客の価値を高めることにもつながるため、結果的には効率の良いマーケティング方法となります。今回の記事を参考にしながらOne to Oneマーケティングの導入を検討してみてください。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら