コラム

エリアマーケティングのメリットをご紹介

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

効率の良い経営を実現するうえで重要な手法であるエリアマーケティング。業種や規模を問わず多くの企業がエリアマーケティングを取り入れ始めています。しかし、それでもなおエリアマーケティングについて把握していないという担当者は少なくありません。

そこで、今回は「エリアマーケティングのメリット」についてご紹介します。ビジネスチャンスを掴むための最大戦略でもあるため、きちんと把握しておくことをおすすめします。

エリアマーケティングとは

そもそもエリアマーケティングとは何なのでしょうか。

エリアマーケティングとは、特定の地域に対象を定めてマーケティングを行うことです。主に該当エリアでの事業展開を検討している場合や、既存店舗のマーケティング材料として行われることが多く、新規開店を検討している事業者に関わらず、多くの事業者・企業が行っています。

エリアマーケティングのメリット

エリアマーケティングを実行するメリットはさまざまなものが挙げられます。具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

営業を効率化できる

営業の効率化を図れることがメリットの一つです。

宣伝方法やプロモーション内容、広告戦略などを検討する上で、エリアマーケティングで地域の特性を把握することは大切です。特にエリアマーケティングでは地域市場を把握することにつながるため、「何が求められているのか」「何がトレンドなのか」などを明確にしやすく効率のよい営業を実現しやすくなります。

「営業しているのに反響がない…」といった状況は、営業担当者にとっては深刻な問題です。ダイレクトにアプローチできるような営業をするためにも、エリアマーケティングで特定地域の特性についてよく把握しましょう。

高精度な計画の策定がしやすくなる

企業の売上促進や、現状維持、新たな事業展開などにおいて、必要なのは高精度な計画策定です。「経営計画」「生産・販売計画」「広告・プロモーション計画」など、さまざまな計画が存在しますが、どれか一つでも欠けてしまうと企業の経営状態が悪化してしまう可能性は高くなってしまいます。

こうした状況に陥らないためにも、エリアマーケティングを行い「どのような事業計画が適切か」を考える必要があるのです。

結果がマーケティングの参考になる

エリアマーケティングは成功を目的としたものではなく、マーケティングを通じた結果の獲得を目的としています。そして、その結果は既存店舗やこれから新規展開する事業のマーケティングの参考として活用することができるのです。

いわば、エリアマーケティングは別の事業のための準備や調査材料です。精度の高い調査結果であれば、企業にとって貴重な参考資料となることは間違いありません。

エリアのニーズを把握できる

エリアごとにニーズを把握することで、エリア別に商品を変更したり、サービス内容を調整したりすることができ、結果的に効率のよい経営実現につながります。特に「地方エリア」は代表的な都市との違いが大きく、当然ながらニーズにも違いが生じることが少なくありません。

全国的に売り上げを伸ばすためにも、エリアごとのニーズを細かく把握し、商品やサービス内容に反映させることが大切です。



エリアマーケティングは「自社には関係ない」と思われがちですが、実際は決してそんなことはありません。新規出店に関わらず、マーケティングの参考にしたり経営戦略のためのヒントとして活用することができるため、多くの企業が導入すべき手法でもあります。

現在収益が停滞していたり、顧客や消費者からの反響が少ない…と感じる場合には一度エリアマーケティングを実践してみると思わぬヒントが得られるかもしれません。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら