コラム

エリアマーケティングの事前準備と手法について

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

エリアマーケティングを検討しているのであれば事前準備と、具体的な手法を理解しておくことが大切です。準備不足、理解不足でエリアマーケティングを実行しても十分な調査結果が得られない可能性があります。

手間や時間、コストがかかるエリアマーケティングを失敗で終わらせないためにも、「事前準備の項目」と「具体的な手法」を学んでおきましょう。

エリアマーケティングの事前準備

まずはエリアマーケティングの事前準備からご紹介します。

地域住民のライフスタイルや傾向についての把握

エリアマーケティングを行う上で必要なのが、地域住民のライフスタイルや傾向などについて情報を把握することです。

市場環境の把握につながるため、最低限把握しておくべき情報でもあります。特に「人口」「性別バランス」「年齢層」「年収相場」「運営店舗・企業」などは重要な情報となります。

競合数の把握

競合他社についての情報収集も必要です。

地域によっては特定の業界が供給過多になっていることもあり、せっかく新規出店しても収益の向上が見込めない可能性があります。競合数を把握し、その地域の需要供給のバランスが取れているか、確認しておきましょう。

情報の広がり方についての確認

情報がどのように広がるかもよく確認しておく必要があります。

インターネットでの拡散が主なのか、それとも対面による口コミが主なのかなど、こうした情報の広がり方を把握しておくことは、効率よく宣伝や営業を行うためには重要です。広告戦略の立案の参考にもなるので、徹底的に調査しておきましょう。

エリアマーケティングの手法

ここからは、具体的なエリアマーケティングの手法についてご紹介します。

エリアの特性にアプローチできるマーケティングを

エリアの特性に合わせて効果的にアプローチできるマーケティングを行うことが重要です。

例えば、少子化の地域に対して子供向け、子持ちの夫婦向けなどの広告戦略は効果がありませんし、高齢者よりも若い世代が多い地域に対して健康関連を推した広告には十分な効果が見込めません。エリアの特性をよく観察し、ターゲティングをした上でマーケティングを行います。

結果をもとに商品やサービスの改善・変更

マーケティングの結果をもとに、商品やサービスの改善及び変更をします。

実際の使用者から評価をもらったり、リピート率を観察したりすることで商品・サービスの改善点や問題点が明確になります。また、売れ行きが好調であったとしても、現状に満足せずに商品の微調整や広告内容の改善などを行うことで、企業の成長を促進することにつながります。

テストを繰り返す

テストマーケティングは基本的に1回きりで終わるものではありません。

調査・実行・分析・改善を複数回にわたって繰り返し、精密なテスト結果を導き出します。業種や企業などによっては、1年以上テストを繰り返し行うケースもあるため、短期間で結果を求めるのではなく、長期に渡ってテストし精度の高い結果を得ることが大切です。

エリアマーケティングは意外と身近に

実はエリアマーケティングは意外と身近な存在です。

例えば「コンビニのおでん」ですが、これは地域によって味を変化させていたり、具材に違いがあったりします。また、カップ麺の風味、地域限定お菓子、化粧品など様々な商品においてエリアマーケティングの結果を反映して販売されています。



エリアマーケティングを行うには「十分な事前準備」と「正しい手法の理解」が必要不可欠です。また、エリアマーケティングの成功は「売れること」ではなく「制度の高い結果を出すこと」であるため、徹底した調査・分析も行う必要があります。ぜひ、現在エリアマーケティングを検討している方は「事前準備」「正しい手法」を意識して実行してみてください。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら