• ホーム
  • コラム
  • エリアマーケティングってなに?意味や目的を解説

コラム

エリアマーケティングってなに?意味や目的を解説

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

マーケティング手法の一つである「エリアマーケティング」。効率的で効果的な戦略計画を立てる上で必要であると考えられています。しかし、このエリアマーケティングを実行している企業は多いとはいえず、ビジネスチャンスを逃しているケースも見られます。

そこで今回はエリアマーケティングの正しい意味や目的などについてご紹介します。

エリアマーケティングの意味とは

エリアマーケティングとは「地域戦略」のことで、どの地域を狙うか、特定の地域に対してどのような戦略で挑むかなどを考えます。

まずは、地域の特性を把握し営業している店舗について調査します。そこから顧客情報を調査・把握し、効果的なマーケティング戦略で地域への商品・サービスの展開を計画するのです。日本全国ではなく、一部の地域に絞ってマーケティングを行うため市場を把握しやすく、調査が比較的手軽であることが特徴です。

エリアマーケティングを行う目的

エリアマーケティングの目的は一体何なのでしょうか。

出店計画の策定

業種によっては、特定の地域のみで営業を行うことがあります。美容院や飲食店、小売業などは地域市場を把握し、出店計画を策定しなければなりません。地域に左右される業種にとってエリアマーケティングは、順調な経営のための重要な準備段階でもあります。

営業の効率化

手当たり次第に広い地域で営業を行うのと、反応が見込める地域に絞って営業を行うのとでは、効率の良さは後者の方が圧倒的です。こうした後者のような効率の良い営業を行うにはエリアマーケティングが必要不可欠です。

また、ルート営業の場合は商圏分析ツールを活用することで営業活動の効率化が期待できますし、地域市場を把握しておくことで、そもそも自社製品・サービスが該当地域での展開に適しているのかが明確になります。

なかなか反響が得られない地域で営業活動を行うのは、時間や手間が増える一方で収益につながらないことが少なくありません。効率のよい営業活動を実現させるためにも、エリアマーケティングをしっかりと行いましょう。

マーケティングへの活用

エリアマーケティングというと新規出店で実行するイメージが強いですが、新規出店だけでなく既存店舗のマーケティングのための調査資料としても活用ができます。

営業方法や宣伝による反響の調査、広告戦略など、エリアマーケティングによって得られる調査資料は多く、貴重な資料でもあります。そのため、新規出店を検討していない企業もエリアマーケティングの実行は重要であると考えられるのです。

エリア別のトレンド把握

エリア別のトレンドを把握することもエリアマーケティングの目的の一つです。人口や性別・年齢層のバランス、長期に渡って営業している店舗などを調査することで、トレンドを把握することが可能です。

さらに、長期的なトレンドを把握することにもつながるため、結果的には将来を見越したマーケティングや長期戦略などにも活用できます。とくに地方都市などの代表的ではない地域においては、人工減少や少子化などが著しいため、トレンドの調査をしっかり行う必要があります。



エリアマーケティングは、新規出店を検討している企業だけが実行するものではなく、既存店舗のマーケティングとしても実行されています。商品やサービスを展開する上での市場を把握したり、戦略立案をしたりするためには欠かせない手法としても考えられるでしょう。結果的には、長期的な収益にもつながり、安定した経営状況を維持することにもつながるため、多くの企業が取り入れるべきマーケティングです。 ぜひ、今回の記事を参考にしながら、エリアマーケティングの実行を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら