• ホーム
  • コラム
  • バイラルマーケティングとは?意味や成功のポイント

コラム

バイラルマーケティングとは?意味や成功のポイント

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

SNSの普及に伴い「バイラルマーケティング」という言葉が認知されるようになってきました。規模を問わず、多くの企業がバイラルマーケティングの検討をしており、成功例も数多く存在しています。

そこで、今回は「バイラルマーケティングとは何なのか」についてご紹介します。意味や成功のポイントなどについても迫っていくので、参考にしてみてください。

バイラルマーケティングの意味とは?

バイラルマーケティングとは、一言でいうと「一気に多くの人に認知させるプロモーション手法」です。具体的にはSNS上で一気に拡散されたり、口コミで広がったりすることなどが挙げられます。もともと「バイラル」とはウイルスと同一の意味を持ち、「ウイルスのように爆発的に広がっていく」といった意味もあります。

現代では、TwitterやFacebookなどのSNSがライフスタイルに定着していることから、バイラルマーケティングが成功しやすい環境にあるため、多くの企業がSNSでの拡散を目的にバイラルマーケティングを実践しています。

バイラルマーケティングを成功させるポイント

バイラルマーケティングを成功させるには、基本的に「誰かに教えたくなる」というプロモーション内容であることが重要です。では、具体的にどのような内容が挙げられるのでしょうか。成功させるためのポイントについて見ていきましょう。

刺激的な内容である

刺激的な内容は「誰かに教えたくなる」という心理に働きかけます。大笑いした、驚愕した、不安になった、役に立った、などの感情を引き出すには、刺激的な内容で作り上げることが大切です。そして「誰かとこの感情を共有したい」という気持ちを芽生えさせることが、成功させるポイントの一つとなります。

しかし、ショッキングな内容であったり、恐怖感を煽りすぎる内容などは一定数のユーザーには受け入れられず、逆効果になってしまう可能性があります。

ユーモアがある

ユーモアあふれる内容もバイラルマーケティングに多く見られます。「くすっと笑える」「くだらないけど惹き付けられる」など、ユーモアがある内容は「面白いから誰かに教えてあげよう」という心理にさせやすい傾向にあります。

ただし、「下品な内容」「特定の人に対する失礼な内容」などはバッシングにつながる可能性があり、悪い意味で拡散されてしまう可能性があるため注意しましょう。

短時間で完結する内容である

SNSを利用するシーンとして多いのが「スキマ時間」です。通勤通学中や就寝前、待ち時間などに閲覧するユーザーは多いです。そのため、見終えるまでに数十分、1時間もかかるような映画のような内容は好ましくありません。

数分、もしくは数秒~数十秒程度で完結するものがユーザーに好まれやすい傾向にあります。「短時間でサクッと見られる内容」を意識してバイラルマーケティングの制作計画を立てましょう。

感情に訴えるような内容である

感情に訴えるような内容もバイラルマーケティングの定番です。例えば「感動する内容」「自分に思い当たる内容」「考えさせられる内容」などは感情に訴えかけやすく、見ている人の心に響きやすい傾向にあります。

比較的多いのが家族の心温まるストーリー形式の内容や、動物の感動系の内容、世界の問題を指摘した内容などが挙げられます。自社のサービスや商品に関連しつつ感動する内容を考えることが重要です。



バイラルマーケティングを実践してる企業は多く、成功例も非常に多いです。しかし、プロモーション内容を念入りに考えたり、きちんと自社商品・サービスについても認知されなければいけないため非常に大変な作業です。 ただ、成功すれば一気に認知される手法であるため、一度挑戦してみてもよいでしょう。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら