• ホーム
  • コラム
  • テストマーケティングの地域や期間はどう設定するべきか

コラム

テストマーケティングの地域や期間はどう設定するべきか

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

初めてテストマーケティングを検討している方の中には、「地域はどこに設定すればよいのか」「期間はどのくらいに設定すればよいのか」といった疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。これらは、適当に設定するものではなく、きちんと「調査に適しているか」という理由で設定する必要があるため、悩んでしまうのは当然のことです。

今回はテストマーケティングを行う上での地域や期間を設定する方法についてご紹介します。

テストマーケティングの地域の設定方法

まずは、テストマーケティングを行う上での地域の設定方法について見ていきましょう。

基本的には「代表的な都市」

テストマーケティングで設定される地域は、基本的に「代表的な都市」が挙げられます。全国的な市場を把握する上で、「人口が少なすぎる」「全国的な市場とはかけ離れている」といった地域は好ましくないとされています。

ちなみに設定される地域としては、一般的に「東京」「大阪」「京都」「神奈川」「静岡」などが多く、設定地域としては適しているといえます。

比較的多いのは「静岡県」

中でも、テストマーケティングの設定地域として比較的多く選ばれるのは「静岡県」といわれています。

理由は「全国市場に近い傾向が見られる」「物流の面に優れている」などが挙げられますが、必ずしも静岡県でなければならない、ということはありません。参考程度に頭に入れておくとよいでしょう。

テストマーケティングの期間は?

テストマーケティングの期間はどのように設定すればよいのでしょうか。具体的な期間について見てみましょう。

最低でも半年以上

テストマーケティングは短すぎると調査資料に不足が出てしまう可能性があります。調査資料が十分でないと、今後の販売・生産計画が立案しにくくなったり、販売予測がしにくくなってしまうなどの問題が生じてしまう可能性があります。これではテストマーケティングの意味を成さなくなってしまいます。

テストマーケティングで十分な調査資料を引き出すためにも、最低でも半年以上は調査期間として設けるようにしましょう。

繰り返し行うため、可能であれば1年を目安に

テストマーケティングは基本的に1度きりではなく、複数回繰り返して制度の高い効果測定や調査を行います。そのため、なるべく時間をかけて行うことが理想的です。複数回のテストマーケティングを行うことを踏まえ、大まかな期間としてはおよそ1年に設定することをおすすめします。

1年分の調査資料があれば、ターゲティング・広告の効果測定・生産計画の立案・販売戦略・広告戦略などを精密に行えるため、成功率の高い商品展開を実現するためにも十分な期間であるといえます。

可能であれば「1年以上」を目安として、テストマーケティングの計画を立てましょう。

テストマーケティングから全国展開へ!

テストマーケティングを行い、調査結果に基づいて全国展開を検討します。テストマーケティングでよい反響が得られなかった商品は改善し、テストマーケティングの時点でよい反響があった場合には全国展開を目指すなど、結果によって展開方法は異なるため、社内でよく検討しましょう。

また、全国展開する場合には「どのような戦略が最も適しているか」なども考え、テストマーケティングの結果に安心せず、さらなるステップアップを目指すことも大切です。



初めてのテストマーケティングで悩みがちなのが「地域」「期間」の設定です。企業や提供する商品・サービスによって異なりますが、一般的には本記事でご紹介した通りです。「代表的な都市」で「半年以上」のテストマーケティングを検討し、成功に向けて入念に調査してみましょう。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら