コラム

テストマーケティングの意味・目的について解説

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

ビジネスの場で重要とされている「テストマーケティング」。ビジネス上で伴う様々なリスクの軽減のためにもぜひ実践してほしいマーケティング手法ですが、まだまだ意味や目的などについて理解している人は少ないのが現状です。

しかし、知らないままではせっかくのビジネスチャンスを逃すことになる可能性もあり、非常にもったいないと感じます。ビジネスチャンスをつかみたい!という方はぜひ、テストマーケティングの意味や目的について理解を深めましょう。

テストマーケティングの意味とは

テストマーケティングとは、新サービス・商品を本格的に展開させる前に試験的に展開させてみるというものです。全国に向けて販売する前に一部の地域で販売してみたり、サンプルとして提供して評価してもらったりするといった方法がテストマーケティングの主な手法です。

テストマーケティングの目的

テストマーケティングの目的は複数存在します。ビジネスにおいてテストマーケティングを実行する目的について見ていきましょう。

商品やサービス提供を行う上でのリスクの軽減

商品やサービスを提供する上で、「売れないかもしれない」「リピーターになってもらえないかもしれない」というリスクが生じます。こうしたリスクを軽減するために、まずはテストマーケティングを実行し、売れ行きの予測をしたり、ターゲットの明確化、市場調査などを行います。

これにより、リスクを軽減して本格的な商品・サービスの展開がしやすくなるのです。

効率的な生産計画の立案

効率的な生産計画につなげることも、テストマーケティングの目的の一つです。

テストマーケティングの実行は、ターゲティングや商品の改善、収益の予測、広告の効果測定などにつながります。そのため、効率的な生産計画の立案を実現することが可能となり、無駄のない商品展開を促進することができます。

ビジネスにおいて生産計画は重要なポイントであるため、テストマーケティングを通して入念に計画を立案することは必要といえます。

ターゲットの明確化

当然ですが、商品やサービスを展開する前には「明確なターゲット」が存在していることが重要です。ターゲットが明確になっていないと、広告戦略に効果が現れなかったり、顧客の獲得につながらなかったりして深刻な状況に陥ってしまう可能性があります。最悪の場合、展開した商品・サービスの中止といった状況にもなりかねないため、ターゲットの選定は慎重に行わなければなりません。

ターゲットを明確化させるためにも、テストマーケティングで市場調査を行ったり、評価や様子を観察したりする必要があるのです。

テストマーケティングは成功しなくてもよい

実はテストマーケティングは成功しなくても問題ありません。成功するにせよ失敗するにせよ、目的は上記のような「調査」「分析」であるため、成功させるために計画する必要はありません。

また、テストマーケティングはあくまでも「テスト」です。本格的な展開とは全く別であるため、「成功に導くための準備段階」という認識でテストマーケティングに臨みましょう。



テストマーケティングは、商品やサービスの展開を成功させる上で重要なテストです。自社のこと、消費者のことを把握するためには避けては通れません。もし現在新たな商品やサービスの展開を検討しているのであれば、本格的にスタートする前にテストマーケティングも検討してみましょう。

今後の収益やターゲットを予測・明確化し、無理のない販売計画が立てられるようになります。リスクを徹底的に軽減し事業を成功させるためにも、ぜひ本記事を参考にしながらテストマーケティングの計画も考えてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら