コラム

動画マーケティングとは?

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

動画マーケティングが注目を集めています。動画といえば、かつては大手企業の専売特許でしたが、テクノロジーの発展とともに、比較的容易に導入できるようになってきました。動画マーケティングの特徴や種類などについてご紹介します。

動画マーケティングとは

動画マーケティングとは、動画を使ったマーケティング全般のことです。テレビ広告やテレビショッピングなどもこれに含まれますが、狭義ではWeb上で動画を使った戦略のことを指しています。

かつて、動画マーケティングを実施するには多額のコストが必要でしたが、技術革新が進み、動画コンテンツの作成は随分と身近になりました。動画は、静止画に比べて見る人に強い印象を残す傾向があります。また、Web動画はテレビなどと違って、狙ったセグメントへのピンポイントでのアプローチも可能であるのが特徴です。

動画マーケティングの種類

動画マーケティングの種類は大きく次の二つに分けることができます。

  • 動画コンテンツを配信するマーケティング
  • 動画広告によるマーケティング

前者は、各ユーザーが検索エンジンなどから自発的に流入してくるもので、ユーザーが楽しんだり、喜んだりすることを目的として制作されます。あらゆるハウツー物や、動物や赤ちゃんの映像などがこれに当たります。自由に動画コンテンツを配信しているように見えるものもありますが、実際には長期的な視点のもと、視聴者やファンを増やすことで広告収入を得ることを想定している場合が少なくありません。

後者は例えば、YouTubeなどの動画サービスなどで、コンテンツの直前や途中に挟まれているような広告が該当します。ユーザーの年齢層や興味関心に合わせて配信される動画広告で、広い層にリーチできるのが特徴です。動画広告はさらに次の4種類に分類できます。

  • TrueView広告
  • インリード広告
  • インフィード広告
  • インバナー広告

TrueView広告

TrueView広告は、YouTubeなどの動画サービスで、コンテンツの直前や合間に挿入されている動画広告のこと。クリックや使用毎に広告収入が発生します。

インリード広告

インリード広告は、Web上の記事などの途中に挟まれている動画広告のこと。記事との関連性が高ければ高いほど視聴される可能性が高まります。

インフィード広告

インフィード広告は、SNSのタイムライン上に表示される動画広告です。広告と判断しづらいため、ユーザーに嫌われにくく、認知されやすいといわれます。

インバナー広告

インバナー広告は、バナー広告枠に表示される動画広告です。見るからに広告なので、視聴される可能性はあまり高くありません。

動画マーケティングを導入する前にやること

使いようによっては効果的な動画マーケティングですが、導入前におさえておきたいポイントについてご紹介します。

まずはペルソナの明確化です。ペルソナとは、商品やサービスを利用するユーザー像のこと。ターゲットとなる顧客をできる限り詳細に設定しなくてはなりません。その上で、動画が顧客にとってどんなメリットを提供するかを考え、具体的な売上額や利益率、成約件数など、経営目標達成指標(KGI)を設定します。

さらに企業目標がどの程度達成されているかを評価するための指標、主要業績評価指標(KPI)も合わせて設定します。これは例えば、月々何人くらいの訪問者と注文数があればKGIを達成できるかを確認できるものではなくてはなりません。

動画マーケティングは自社でやるべきか?他社に依頼をするか

動画マーケティングはiPhoneなど簡単な機材で誰でも簡単に始めることができます。質の高い動画とする必要はありませんし、逆に動画の完成度が高いからといってマーケティングが上手くいくとも限りません。どのような動画をどのようなメディアに載せるかによって、求められる内容は変わってきます。しかし、不安であれば、はじめはプロに頼むのが無難かもしれません。



動画マーケティングは高い効果が認められ、Web上で目にしない日がないくらい頻繁に見かけるようになりました。ぜひ良質なコンテンツを作成して、売り上げ向上にお役立てください。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら