• ホーム
  • コラム
  • 観光業向けのインバウンドマーケティング手法とは

コラム

観光業向けのインバウンドマーケティング手法とは

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

外国人から日本が観光地として注目される中、観光業が売り上げを伸ばしていくためには、インバウンドマーケティングをしっかりと行っていくことが重要です。

観光業が行うべきインバウンドマーケティングとしては、外国語サイトの運営やSNSの活用など、外国人が求めるものを理解した上で、有効に発信していくことが重要となってきます。詳しく確認していきましょう。

観光業が注目すべき現状

現在、日本は海外から観光地として注目されています。日本政府観光局が発表した「訪日外国人消費動向調査(平成28年度)」によると、日本を訪れた外国人旅行客は2404万人にのぼり、その消費額は3兆7,476億円にもなると推定されています。さらに、外国人旅行客1人あたりの旅行支出は15万5,896円にもなります。

これらのデータからも、外国人旅行客の心をつかみ、消費を促すことが観光業のマーケティングにおいて重要であることが読み取れるでしょう。さらに日本政府は、2020年のオリンピック開催に向けて、より多くの観光客を日本に呼び寄せようとさまざまな施策を行っています。今後、日本を訪れる外国人旅行客が増えることはあっても、減ることは考えにくいといえるでしょう。

少子高齢化や不況の煽りを受けて、日本人による観光地での消費は落ち込んでいます。観光業が今後も売り上げを伸ばしていくためには、増加していく外国人旅行客に注目し、インバウンドマーケティングに力を入れていく必要があるといえるのです。

外国人旅行客の心をつかむインバウンドマーケティング手法

1.多言語に対応したサイト作りをする

外国人旅行客の心をつかむインバウンドマーケティング手法として、まず、多言語対応のサイトを構築し運営していくことが大切だといえます。

日本への旅行を考えている外国人旅行客は、まず訪日前に、旅行先の情報を収集してプランを練っていきます。海外でも有名な観光地の場合は、外国人によって外国語のサイトが自然と構築されていきます。その一方で、知名度の低い地方の小さな観光地などは、日本人が積極的にプロモーションしていかなくては認知してもらえず、外国人旅行客を呼び込めないという事態も起こってくるのです。

日本観光局の公式サイトでも、15の言語でさまざまな観光スポットやイベントを紹介しています。自分たちの観光地の強みをしっかりと把握した上で、外国人旅行客に向けたサイトを運営していくことがインバウンドマーケティングにおいて求められています。

2.SNSを積極的に活用する

SNSの積極的な活用も、インバウンドマーケティング手法として重要といえます。現在は多くの人がSNSの口コミを参考にし、行動や消費を決定しています。SNSによって観光地の魅力が口コミで広まれば、多くの旅行客を呼び込むことも可能になるのです。

また、外国人旅行客にSNSへの投稿をお願いするカードを配布したり、SNSに口コミを書いてくれた旅行客にちょっとしたサービスをしたりして、投稿を促していくとよいでしょう。もちろん、ただ口コミをお願いするだけでなく、よい口コミを書いてもらうためにも、音声翻訳を活用した接客をしたり、名物料理をふるまったりするのも重要です。

3.何を求められているかを把握する

インバウンドマーケティングにおいては、外国人旅行客から何を求められているかをしっかりと把握しておくのも重要です。日本人は短所として捉えていることが、外国人旅行客からは長所として捉えられることもありえるからです。

たとえば、どこか寂れた温泉街であったとしても、「有名な観光地を避けてのんびりと過ごしたい」という外国人旅行客にはとても魅力的に映るでしょう。外国人と一括りにしてしまうのではなく、どのような需要があって、どこで情報を収集していて、どのような情報を求めているのかをしっかりと把握して、プロモーションしていくことが重要なのです。

日本が観光地として注目されている現在、外国人旅行客による消費を促していくためにもインバウンドマーケティングは重要です。外国人旅行客にアピールできる魅力や強みをしっかりとつかんで、必要な情報を発信していくのがインバウンドマーケティング手法として有効だといえるでしょう。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら