コラム

ダイレクトマーケティングのデメリットとは?

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

マーケティング手法の一つとして知られているダイレクトマーケティング。特に近年はインターネットの普及によって具体的な手法が増え、より一層ダイレクトマーケティングを実践する企業が増えてきました。

しかし、そんなダイレクトマーケティングにも「デメリット」が存在します。これからダイレクトマーケティングの導入を検討している方は、デメリットについてもチェックしておきましょう。

ダイレクトマーケティングにはデメリットがある!

ダイレクトマーケティングのメリットには「売り上げの向上」「知名度の向上」「継続的な収入の維持」などが挙げられます。どれも企業にとっては重要な役割といえるのではないでしょうか。

しかし、ダイレクトマーケティングにはメリットだけではなくデメリットも存在します。予定外のトラブルにつながってしまう可能性もあるので、実際にダイレクトマーケティングを行う前に、デメリットについても確認しておく必要があります。

ダイレクトマーケティングのデメリットについて

ダイレクトマーケティングのデメリットとは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

初期投資の回収までに時間がかかる

まず挙げられるのが「初期投資の回収までに時間がかかる」という点です。 ダイレクトマーケティングの手法の多くはコストが発生します。しかし、そうした初期投資を回収するまでには、ある程度の時間がかかるケースがほとんどです。ダイレクトマーケティングを行って、数日で絶大な効果が現れることは少なく、長期戦になることを覚悟のうえで検討する必要があります。

しかし、正しいダイレクトマーケティングを行えていれば、時間はかかったとしても確実に初期投資が回収できるため、焦らず取り組んでください。

軌道に乗るまでが大変

ダイレクトマーケティングは、とにかく軌道に乗るまでが長く、地道な作業が多いものです。 さまざまなデータを蓄積し、それらを分析して改善していきます。こうした作業を繰り返すことがダイレクトマーケティングの成功の秘訣でもあり、そこに至るまでは大変な作業が存在することを覚悟しなければなりません。

また、たとえ軌道に乗ったとしても、時代によるニーズの変化、競合の存在、そして新たなダイレクトマーケティングの手法の出現などがあります。一旦軌道に乗った後も油断はできないということを頭に入れておきましょう。基本的にはダイレクトマーケティングに終わりはないという認識で実践することが大切です。

時代やニーズの変化に伴って手法を変更する必要がある

ダイレクトマーケティングの手法は、時代やニーズの変化に伴って更新していく必要があります。何年も同じ手法を続けていればよいというものではありません。時代は日々変化しますし、ニーズも同様に変化します。もちろん、マーケティングの手法は今後も続々と新たなものが生み出されることが考えられます。

今まで行ってきたダイレクトマーケティングの手法を変更することは、面倒ですし手間やコスト、時間もかかります。しかし、変更しないまま過去の手法を継続しても、競合に顧客が移ってしまう可能性があり、売り上げの減少にもつながってしまいます。ダイレクトマーケティングは日々、分析、研究、情報収集が必要であるということを頭に入れておきましょう。

デメリットを知ればダイレクトマーケティングは成功させやすい!

ダイレクトマーケティングにはデメリットも多く、実践に不安を感じた方もいるのではないでしょうか。しかし、デメリットを把握して適切な対応をすれば、失敗するリスクは大幅に減少します。計画的なマーケティングが可能となり、成功へとつながりやすくなるでしょう。ぜひ、今回の記事を参考にしながらダイレクトマーケティングについて検討してみてください。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら