コラム

ダイレクトマーケティングの手法一覧

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

効果的なマーケティング手法の一つである「ダイレクトマーケティング」。決して新しいマーケティング戦略ではありませんが、多くの企業で取り入れられています。

この記事を読んでいる方の中には「ダイレクトマーケティングを取り入れたいけれど何をすればいいのか分からない」「自社に合うダイレクトマーケティングの手法が分からない」といった悩みを抱えている方もいるかと思います。

そこで今回はダイレクトマーケティングの特徴やメリット、デメリットについてご紹介します。

ダイレクトマーケティングの手法一覧

早速、ダイレクトマーケティングの手法について見ていきましょう。

メールの送信

ダイレクトマーケティングで最も定番といえるのが「メールの送信」です。 人手がそこまで必要ではありませんし、コストも低いため、実践しやすい手法の一つです。「あまりコストをかけられない」といった企業におすすめできる手法です。

しかし、メールを送られてくることに嫌悪感を抱くユーザーも多く、受信拒否されたり、未読のまま放置されてしまうと、メールによるダイレクトマーケティングの効果を期待できません。

FAXの送信

「FAXの送信」も比較的実践しやすい手法です。

現在ではあまり主流の手法ではありませんが、一部の企業では今でもFAXによるダイレクトマーケティングを実践しています。主にターゲットが「企業」「高齢者」などの場合に使われることが多いようです。

ただし、近年はFAXを持たない人が増えてきているため、そもそもダイレクトマーケティングを取り入れられない業種も存在します。特に、若い世代をターゲットとしている場合には不向きといえるでしょう。

テレマーケティング

電話によるマーケティング手法です。

顧客の電話リストから1件ずつ電話をかけたり、問い合わせ時に自社の商品やサービスの紹介をしたりします。現在でも多くの企業が取り入れているマーケティング手法ですが、最近はこうした電話に抵抗を感じる人が増え、話を最後まで聞いてくれるケースが少なくなってきています。

ダイレクトマーケティングの手法についてご紹介しました。自社に合う手法はどれか、検討する際のヒントにしてみてください。また、ダイレクトマーケティングを成功させるためには「コストを優先しすぎないこと」も大切です。もちろん、コストをかけずに成功するケースも存在しますが、そういった成功例は非常にまれであることがほとんどです。ある程度コストが発生しても、顧客を獲得しやすい手法を取り入れることが大切です。自社の状況をよく見直しながら、正しくダイレクトマーケティングを取り入れてみてください。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら