コラム

ダイレクトマーケティングを行う意味とメリット

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

マーケティングには様々な手法が存在しますが、そのうちの一つに「ダイレクトマーケティング」という手法があります。言葉として聞いたことがあるものの、具体的なマーケティングの内容については把握している人が少なく、中には間違えた知識を持っている人も多いようです。

そこで、今回はダイレクトマーケティングとはそもそも何なのか、ダイレクトマーケティングのメリットは何なのかについてご紹介いたします。

ダイレクトマーケティングとは

明確な定義は存在していませんが、一般的には「広告やメディアを活用して顧客と接点を持ち、アクションを促す」というのがダイレクトマーケティングです。

具体的な流れのイメージは以下を見てみましょう。

1.インターネットを閲覧していたユーザーがたまたま自社商品の広告を目にし、「買ってみようかな」と感じたユーザーが商品を購入します。

2.商品購入から1か月後に「使用感はいかがでしたか」「定期購入であればさらに安く購入可能です」といったメールをユーザー宛に送ります。ここで、企業とユーザーに接点が生まれます。

3.2をきっかけにユーザーが定期購入を契約したら、さらに「定期購入のご契約ありがとうございました」といったメールや手紙をユーザー宛に送ります。さらに、ここでも企業とユーザーに接点が生まれます。

この一連の流れをデータとして蓄積し、「広告閲覧後に購入した」「広告は閲覧していたが購入しなかった」「定期購入をした」「定期購入をしなかった」などを分析していきます。この分析結果をヒントにして、より効果の高いコミュニケーションを実現していくことが目的です。

ダイレクトマーケティングのメリット

では、このダイレクトマーケティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

売り上げを予測しやすい

まず挙げられるのが「売り上げを予測しやすい」というものです。データを蓄積することによって、ユーザーの傾向や行動などがある程度見えてきます。これにより、どの商品がどの程度売れるのかを予測しやすいのです。売り上げの予測が可能になると、より計画的な運営が可能となるため、企業にとっては重要なポイントとなるでしょう。

少人数でも企業拡大がしやすい

中小企業の多くが少ない人員で事業を運営しています。しかし、少人数では事業の拡大が難しく、なかなか会社を成長させられない……といった悩みを抱えるケースは多いです。しかし、ダイレクトマーケティングは人手が少なくても売り上げの向上を狙える戦略です。広告やメディア、メールなどがユーザーにアプローチするため、多くの人手を必要としません。また、顧客への対応が必要な場合には業務をアウトソーシングすることもできるので、電話対応やお問い合わせへの返信などの業務でも人手不足を心配する必要はありません。

収益を安定化させやすい

収益を安定化させやすいというのもメリットの一つです。前述したような「定期購入」などは長期的な収入を望めるため、安定した収益を維持しやすいのです。また、定期購入のサービスを取り扱っていなくても、メールなどでリピート購入を促すことは十分に可能であるため、定期的な収入を実現しやすくなります。

ニーズや改善点などを把握しやすい

顧客のニーズや改善点などを把握しやすいといったメリットも挙げられます。ダイレクトマーケティングによる、ユーザーのアクションを分析することで「どの商品が売れているのか」「どのようなアプローチが効果的か」などが見えてきます。新商品や新サービスのヒントになりますし、さらなる売り上げの向上にもつながるため、ダイレクトマーケティングは重要といえるでしょう。

ダイレクトマーケティングの手法には「メール」「WEBメディア」「書籍の出版」「広告」などさまざまなものがありますが、どの手法もメリットが多く、人手不足の現代や収益の不安定な企業にもマッチしているといえます。現在の経営状況に不安がある場合には、ダイレクトマーケティングの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら