経営者向け

周年事業の目的・意味とは?企業が知るべきその真実

「周年事業って何のため?」「そもそも周年事業とは何?」など、最近耳にすることが増えた「周年事業」について、疑問を持つ方は多いようです。もし、この「周年事業」を知らないのであれば、あなたの会社は非常にもったいない状況になっているかもしれません。会社の成長のためにも「周年事業」についてよく把握しておきましょう。

周年事業の意味とは?

まずは「周年事業」の意味についてご紹介します。周年事業とは、10周年、100周年など、定期的に開催される企業イベントの一つです。具体的な内容は企業によって異なりますが、比較的多いのが「懇親パーティー」「講演会」などで、企業の周年を祝ったり、企業の成長のための情報交換・共有、社員同士のコミュニケーションを楽しむなど、周年事業は企業にとって非常に重要となるイベントです。

実際、近年は企業の規模を問わずに多くの企業が周年事業を取り入れており、プロジェクトメンバーを集め数年かけて周年事業の準備をする企業も増えてきています。時間もお金もかかる周年事業ですが、開催する目的は一体何なのでしょうか。

周年事業の目的について

周年事業は、思い立ってすぐに開催できるような簡単なイベントではありません。時間や手間、お金のかかるイベントであり、周年イベントを開催したことがない企業にとっては、そこまでして開催する必要性や重要性について疑問を感じることもあるでしょう。ここからはそんな、周年事業を開催する目的についてご紹介します。

企業のステップアップを図る

周年事業は企業のステップアップになるイベントの一つです。上述した通り、企業にとって有益な情報の共有や交換は、社員の仕事のパフォーマンスの向上につながりやすくなります。講演会、懇親会など社員一人ひとりが仕事に関する知識を獲得したり、企業の現状について共有し合い、仕事に対するモチベーションの向上を実現したりすることは、企業のステップアップにつながります。

企業のステップアップを実現したいと考えているのであれば、周年事業を取り入れることが大切です。

社員や従業員同士のコミュニケーションのきっかけ

周年事業では、普段はきっかけがない社員同士のコミュニケーションを実現します。別の部署の社員同士や、先輩後輩関係、上司と部下の関係においてコミュニケーションが増えるというメリットがあります。企業にとって必要なポイントの一つである、「社員同士のコミュニケーション」を実現できるのが、周年事業の魅力です。

事業を成功させるには、社員同士でコミュニケーションをとり合い、意見を出し合うことが大切です。しかし、実際には「上司に相談できない」「慣れていない人に対して意見を出すのが不安」といった職場環境が多いのが現状です。そのため、こうした職場環境の改善目的も含めて、周年事業の内容を検討することをおすすめします。

企業のメッセージを社内外へ発信(ブランドイメージを与える目的も)

周年事業は、企業のメッセージを社内外へ発信することも目的としています。どんな企業であっても、伝えたいメッセージはありますよね。社員へ対するメッセージ、お客様に対するメッセージを効率よく、効果的に発信できるのは、企業にとって大きなメリットであることは間違いありません。

また、ブランドイメージを与えるというメリットもあるため、企業の良い印象をアピールしたいと考えている場合にも周年事業はおすすめです。

「周年事業は単なる会社のイベント」と捉えている方も多いのですが、実際には企業の成長を大きく左右するといっても過言ではない大きなイベントです。手間や時間、お金がかかるといったデメリットはありますが、開催することによってメリットが上回ることは間違いありません。ぜひ、社員で協力し素敵な周年事業を成功させてください。

幻冬舎MC facebookページ

企業ブランディングに役立つ資料を無料でご提供いたします。

サービス案内

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

ご不明な点や企業出版のご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください!

03-5411-6440 平日9:30〜18:00
(年末年始・GW・夏季・冬季期間を除く)

無料お見積もり

お客さまの求める課題解決の内容によって、制作費用は異なります。まずはお気軽にご相談ください。