自費出版の費用はいくらかかる?【自費出版を学ぶ】 | 企業出版ダントツNo.1の幻冬舎メディアコンサルティング
  • ホーム
  • コラム
  • 自費出版の費用はいくらかかる?【自費出版を学ぶ】

コラム

自費出版の費用はいくらかかる?【自費出版を学ぶ】

著者:幻冬舎メディアコンサルティング 編集局・部長 伊藤英紀
自費出版を学ぶ

「自費出版を検討しているが、どのくらいの費用がかかるのだろう?」。そんな疑問を持つ人は、費用の内訳や相場について知識を深めることで、出版をスムーズに進めやすくなります。このページでは自費出版の費用について、情報をまとめています。

1.自費出版の基礎知識

出版にはいくつかのモデルがあります。最も一般的なのは「商業出版」で、これは基本的に出版社が書籍の内容を企画したうえで、著者を選定します。対して自費出版は、著者自身が書籍の内容を企画します。

①自費出版のメリット

著者が書きたいことや伝えたいこと自由にまとめ、出版することができます。商業出版のように売上を気にする必要はありませんので、テーマも構成も、著者主導で進みます。また少部数の発行、一部書店への流通など、多彩な選択肢があります。

②自費出版のデメリット

自費出版の場合、費用は基本的に著者の全額負担となります。また、あくまで著者からの持ち込み企画というかたちになりますので、著者のブランド力を高める効果は、それほど大きくはありません。

2.自費出版にかかる費用

出版はどんなモデルであれ、必ず費用がかかります。中でも以下の内訳は、基本的な費用となります。

【出版費用の基本的な内訳】
・企画費
・編集、ライティング、撮影などの人件費
・デザイン費
・校閲費
・印刷費
・用紙費

自費出版で気になるその他の費用 自費出版の場合、すべて著者の持ち出しですので、以下の費用も気にかけておく必要があります。

【その他費用の内訳】
・保管料
・書店流通手数料
・宣伝販促費用

書籍は重く場所を取るので、出版社などの倉庫を借りて保管してもらうことになります。部数にもよりますが、年間5000~1万円程度の保管料がかかるでしょう。また自費出版を一般書店に流通させたいという場合には、別途手数料がかかります。さらに広告宣伝や販促活動を希望する場合には、その費用が別途必要となってきます。

3.自費出版の内容によって費用も変わる

自費出版も内容によって、多彩なバリエーションが生まれます。費用にも変動があるので、以下に見ていきましょう。

①費用を抑えられる自費出版

出版したい内容が小説や論文などテキスト主体で、すでに著者が原稿を書き上げているという場合は、上記の基本費用の中でも人件費を低く抑えられます。絵本や写真集など、すでに素材がある場合も同様です。


②費用を削減しにくい自費出版

「出版したい内容は決まっているものの、原稿は用意できていないし、プロに書いてもらいたい」という場合は、編集者やライターのサポートが必要です。また「写真やイラストを新たに用意して挿入したい」という意向がある場合は、カメラマンやイラストレーターも手配しなくてはなりません。こうした人件費はカットできないと理解しておきましょう。

③書籍のスタイルで費用も変わる

ひと口に書籍といっても大きさや装丁、そしてページ数などには豊富なバリエーションがあります。以下、価格変動に関わるものを列挙します。

【書籍スタイルを構成する要素】
・色…カラーかモノクロか、またはそのミックスかによって価格変動が生じます。
・判型…テキスト主体の場合、単行本の四六判(縦195mm×横139mm、ソフトカバーで200ページ以内)か、新書(縦174mm×横109mm、ソフトカバーで176ページ以内と)いう体裁が一般的です。絵本や写真集などはこの限りでなく、判型が特殊なほど費用もかさみます。
・装丁…ソフトカバーかハードカバーかによって、価格変動が生じます。凝った体裁の愛蔵版を志向するほど、費用はかさんでいきます。

4.どのくらい?気になる自費出版の相場

ここまで自費出版の概要と、費用についての情報を見てきましたが、実際の料金相場はどのぐらいなのでしょうか。

【一般的な自費出版の費用相場】
100万~200万円程度
(単行本サイズのソフトカバーで、モノクロ200Pの書籍を1,000部発行。原稿はあらかじめ著者サイドが用意しているという場合)
書店への流通を希望する場合には、この料金に10万円程度が加算されます。また内容や装丁に多くの工夫が必要な場合、費用は数百万~1,000万円以上にまで上昇していきます。

5.自費出版に印税はある?

商業出版においては、基本的に著者に印税が支払われます。ベストセラーを記録した書籍の著者には、多額の印税が支払われるケースも少なくありません。とはいえ、出版社は企画から印刷までの費用を負担していますので、印税率は5~10%という設定が一般的です。

対して自費出版の印税は契約によってさまざまです。著者自身が費用を負担していることから、印税が10~50%に設定されることもあります。この場合、「もし売れたら、たくさんの印税収入が得られる」と喜ぶ人がいるかもしれませんが、実際のところ、大きなリターンを得ることは稀です。自費出版の企画は「著者の知名度」や「一般大衆が求める内容」など、商業出版で重視される要素を反映していないことが大半であり、大ヒットの可能性も低いのです。

自費出版の世界では「まとめたい内容を書籍にすること」をゴールと考え、利益は意識しない著者が多くなっています。もし、ベストセラーを目指すなら「出版社サイドに数十万~数百万円のコンサル料を払う」「広告宣伝費を捻出する」など、別費用の負担を検討する必要があります。

6.自費出版の流れ

自費出版を検討し、内容を絞り込んだら、自費出版事業を行う企業の編集者に相談を持ち込んでみましょう。原稿執筆をライターに依頼するというケースで、以下にその流れを見ていくことにします。

①編集者によるヒアリング
担当編集者と日時をセッティングし、ヒアリングの機会を持ちます。当日は編集者に、書籍制作における意向や、出版までのスケジュール・希望部数/体裁などを伝えます。

②企画・構成案作成
編集者はヒアリングで収集した内容を見直し、「読者に効果的に情報を伝えるにはどうすべきか」を考えながら、企画や構成について著者への提案内容をまとめていきます。

③編集会議
出版社内、そして著者との間で、担当編集者が考えた企画・構成案についての話し合いが行われ、具体的な本の構成イメージが固まっていきます。

④取材・撮影・原稿作成
編集方針が決まったら、編集者やライターのリードを受けながら、取材に応じます。また必要な場合は、撮影も同時に行います。その後、ライターによる原稿作成が行われます。

⑤デザイン作成
書籍制作に専門性を持つデザイナーの仕事です。彼らは著者の希望を反映し、商業出版の書籍と並べても遜色ないデザインを実現します。

⑥校正
内容に目を通し、表現を変えたい部分や誤記はないかをチェックします。修正指示を反映し、テキストは最終形へと仕上げられていきます。またデザイン校正も行います。

⑦印刷・製本
印刷見本の最終校正が終了したら、出版のための印刷が始まります。各ページは印刷された後、所定の位置に綴じられ、製本されていきます。

⑧発売
できあがった本が発売になります。著者が流通を希望する場合は取次店に搬入され、書店へ配本されます。契約内容によっては販促活動が展開される場合もあります。

なお、すでに原稿ができあがった小説などを自費出版する場合、取材や原稿作成の工程は不要ですので、よりスピーディな出版が実現します。

7.出版社の選び方

自費出版を手掛けている出版社は、数多く存在します。「自分の本を作りたい」という夢を叶えるには、より良いパートナーが必要です。出版社選びの際は、以下の点に留意しましょう。

【複数の出版社を比較する際、留意したいポイント】
①信用度の高さは重要。設立年数や実績、そして評判を事前調査しておく。
②過去の自費出版物をチェックしておく。
③明確な費用体系か調査を。相見積もりを取ることも有効。
④レスポンスが早く、対応は親身かどうか。
⑤格安な費用など、必要以上にうまい話を提示する出版社には警戒を。

著者自身もこうした事前調査、比較を通じ、より良い出版社を見分ける目を養っていくことが大切です。

関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

開催日時

【録画配信】収益不動産の資産運用を専門に行う会社の代表がゲストで登場!出版の効果を「本音」で語る特別編(武蔵コーポレーション株式会社)

その他のセミナー・相談会はこちら