• ホーム
  • コラム
  • 物流企業のブランディング事例~ 『オムニチャネル時代を勝ち抜く物流改革の教科書』~

コラム

物流企業のブランディング事例~ 『オムニチャネル時代を勝ち抜く物流改革の教科書』~

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

今回は、これからの時代に求められる物流システムの改革への取り組み方について解説するとともに、自社開発システムの導入事例を紹介することで、物流システム企業としてのブランディングに成功した『オムニチャネル時代を勝ち抜く物流改革の教科書』をご紹介します。

本書では、著者である秋葉淳一氏が代表取締役を務める株式会社フレームワークスが、これまでに携わった物流システムプロジェクトで蓄積したノウハウを基に、物流における課題の解決と、確実な業績向上を実現するための新しい視点を提示しています。

市場のグローバル化が進み、低価格競争に拍車がかかっている昨今。社内の物流におけるコストの見直しや効率化、生産性の向上を目指す企業が増えていますが、思うような成果が出ずに悩んでいる経営者の方は多いのではないでしょうか。

著者いわく、日本国内の多くの経営者は物を運ぶ、車を動かすといった「単なる作業」という認識で物流システムの改革を行っているため成果が上がりづらいのが現実のようです。

また、スマートフォンなどのデバイスの普及や、ソーシャルメディア利用の広がりにより、物流における顧客接点の形は大きく変わってきています。実店舗等のリアル分野とネット上のデジタル分野を双方向でつなぎ、本当に顧客が必要としている商品を提供する「オムニチャネル」の時代が本格化しつつありますが、日本国内では一部の先進的な企業を除き、まだこの変化に対応できていない企業が多くを占めています。

そこで、本書では材料調達から生産・販売までに至るまでの物流をシステム化し、「必要なモノを、必要なだけ、必要なタイミングで、正確に届ける」という“ロジスティクス”の概念を用いた物流システムの改革を提唱することで、同社のブランディングにつなげています。

出版後の反響を著者に伺ったところ、本書の出版により、小売業をはじめ金融やコンサルティング分野のトップマネジメント層から著者への問い合わせや講演依頼が増加し、既存のクライアントからの評価も高まったとのこと。

これまでは伝えきれていなかったことをブランディング書籍という形で読者に届けることで、企業の信頼度や商談の効率を格段に上げることができるのです。

 

幻冬舎メディアコンサルティング

太田 晋平

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら