コラム

『ストーリー』で魅せる企業の裏側

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

近年、知られざる業界の裏側を描いた、いわゆる「お仕事本」が話題となっています。 それらを原作としたテレビドラマや映画も多く、普段目にする機会のない業界の実態や、仕事のやりがいなどについて、リアリティをもって体感することができます。
今回は、そんな「お仕事本」をはじめとした、「ストーリー」で魅せる企業ブランディングの方法をお伝えします。



何をしているかわからない会社ほどストーリーが響く!

ブランディング書籍の中でも、「ストーリー」形式と相性がいいのは、「一見何をしているか詳しく分からない」ことにより、「マイナスイメージを持たれがち」な業種・業態であると考えられます。
例えば、「キツい」、「給料が低い」など、外面的な印象が先立ち、なかなか優秀な人材が集まらない企業様こそ、「ストーリー」形式のブランディング書籍が適しています。

求人広告媒体では、アクセス、福利厚生、給料など、表面的な要素から企業は選別され、結果として、その会社ならではの「やりがい」を訴求できないことがほとんどです。
しかし「ストーリー」形式のブランディング書籍では、実際のお客様、患者様とのやりとりをベースに、リアリティをもって、現場の空気感を伝えることができます。
もちろん、仕事をしていく上での苦労や挫折も包み隠さず書くことで、採用候補者へ、仕事への理解を深めてもらうきっかけとなります。



やりがいを伝えてファンを作る

また、インターネット媒体では伝えきれない「やりがい」を、宣伝色を出さずに訴求できるのも、ストーリー形式のブランディング書籍ならではです。
その会社様ならではのストーリーであるため、他社と重なることなく、差別化への実現に繋がります。
同時に、オリジナリティを訴求することで、企業への「ファン化」を促し、他社と比較した際に、より有利に採用活動を進めることができます。
そして入社後も、自社の強みや魅力を充分に理解しているため、ロイヤリティを育むにあたり、大きな影響を与えると考えられます。

「ストーリー」を用いてブランディングを行うことで、今まで描かれていなかった企業の裏側を、やりがいとともに伝えることができます。
自社ならではの魅力をPRする選択肢として、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら