企業 ブランディングコラム

企業出版(ブランディング出版):HOME > 企業 ブランディングコラム一覧 > 保険業界に関わるなら知っておきたい「MDRT」の基礎知識

サービス案内

保険業界に関わるなら知っておきたい「MDRT」の基礎知識

保険業界の人間は必ず一度は耳にしたことがある「MDRT」。一般の方は聞きなれない用語ではないでしょうか。

MDRT=「Million Dollar Round Table」
日本語ではよく「百万ドル円卓会議」と訳されています。

公式ホームページでは、下記のように説明されています。
1927年に発足した Million Dollar Round Table (MDRT) は世界69の国と地域の500社以上で活躍する、62,000名以上(2017年7月現在)の会員を有する、卓越した生命保険と金融サービスの専門家による国際的かつ独立した組織です。
MDRT会員は卓越した商品知識をもち、厳しい倫理基準を満たし、優れた顧客サービスを提供しています。また、生命保険と金融サービス業界の最高水準として世界中で認知されています。(一般社団法人MDRT日本会ホームページより抜粋)

一言で表すと「生命保険と金融のプロ中のプロの組織」です。
誰しもがこの会員になれるわけではありません。

2017年度の入会基準は下記のようになっています。

(引用:MDRT日本会Home> MDRT会員になるために

左上の「手数料」とは、「初年度手数料」といって、契約した保険によって保険会社から保険セールスに支払われる最初の1年間の手数料のことです。この初年度の「手数料」が入会基準になっていて、JPYに書いてある手数料「11,659,300」この数字以上の手数料があれば、この年の「MDRT」会員となれるわけです。
この基準は毎年若干変わり、それに応じた条件をクリアしなければなりません。

また、COTとTOTも「生命保険と金融のプロ中のプロ」ということに変わりはありませんが条件が異なります。
COT=Court of the Table
入会基準はMDRTの3倍となります。
TOT=Top of the Table
入会基準はMDRTの6倍となります。

これらに入会できる人材は、多くの手数料を稼いだ優秀な「トップセールス」なのです。



トップセールだけが得られる称号だから、武器になる

ちなみに、日本にはどれほど「MDRT」会員がいるかというと約5,000人ほど登録されています。しかし、実際は基準以上の手数料を稼いでいるのに、会員になってはいない「隠れMDRT会員」も少なからず存在するでしょう。

保険営業が売れなくなっているという現代に、このような人材は貴重な存在となります。
自分が保険営業として働いている場合、名刺に会員であることを明記すれば、それが武器ともなりえるでしょう。

次の書籍は、そうした保険営業の現状やテクニックについて詳細に語られています。ぜひ、こういった書籍から情報をつかんで有利な保険営業を行ってください。

『売れない時代でも勝てる保険営業術』

 

生命保険の営業は完全歩合制である場合が多いなど、数ある営業職の中でも最も仕事がハードな部類に入る。さらに近年は、業法改正や保険料の値上げ、異業種からのライバル参入などにより、保険営業は以前にも増して厳しい環境に置かれている。さまざまなマーケティングリサーチなどを通して、保険業界はもちろんその周辺分野に関しても豊富な知識を持つ著者。多数のTOT・COT・MDRT会員を率いる保険代理店の代表が、保険営業「激変の時代」に生き残る術を解説。

幻冬舎MC facebookページ

  • 企業 ブランディングコラム 一覧

関連コラム

正しく身に付けておきたい「うつ病」の知識
2017年度ユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされた「うつヌケ」という言葉。 KAD…
医療が高度化する現代だから見つけたい「理想のかかりつけ医」と総合診療について
「かかりつけ医」とは 皆さんは「かかりつけ医」と呼べるような医療機関をお持ちでしょうか?…
マーケティングの基本となる新旧2つの行動モデル
「AIDMA(アイドマ)」の法則というものを聞いたことはあるだろうか。 AIDMAと…
税理士廃業時代を生き抜くブランディング施策とは
「資格を取得しておけば安泰」という考えは、日本では今なお大きな位置を占めています。 …
お問い合わせ・資料請求