企業 ブランディングコラム

企業出版(ブランディング出版):HOME > 企業 ブランディングコラム一覧 > 「街の不動産屋さん」だからこそ必要なブランディング3つのポイント

サービス案内

「街の不動産屋さん」だからこそ必要なブランディング3つのポイント

ライフプランを考える上で「住まい」の存在は欠かせません。
家を借りるか買うか、いずれの場合においても、頼りにするのは不動産会社です。特に地元に密着し、長きにわたって人々の生活を支えてきた「街の不動産屋さん」に相談する方も多いのではないでしょうか。
しかし、数多く存在する不動産会社の中で、選ばれる「街の不動産屋さん」になるためには、同業他社との差別化が欠かせません。
今回は「書籍」を用いた、「街の不動産屋さん」のためのブランディング施策のポイントをご紹介します。

ブランディングをはかるためには、まず市場規模の把握が重要です。
国土交通省の調べによれば、平成27年度の宅地建物取引業者数は約12万社。これは、コンビニエンスストアの店舗数約5万5千店と比較しても、相当な数であると分かります。
同業他社が非常に多い業界であるからこそ、自社の優位性を確立するために、ブランディングの施策が必須となってくるのです。地元が商圏の中心である「街の不動産屋さん」に限っても同様と言えます。
東京都の宅地建物取引業者だけでも約2万4千社。今後10年、20年と頼りされる不動産会社となるためには、地元に限らず、市場規模と比較したブランディングを行っていく必要があります。

①「強み」を詳細にアピール

仲介、売買に特化しているだけでなく、一歩踏み込んだ他社との違いを書籍に込めることで、差別化の実現に繋がります。
例えば、不動産業界一筋で十数年の経験を持つベテランの方であれば、それを活かした知見やノウハウを、不動産業界以外の出身の方であれば、前職の仕事内容が不動産業に活きている部分があるはずです。貴社であるからこその強みは、書籍という情報量の多い媒体だからこそ伝えることができます。

②信頼感をアピール

地元の人々に信頼されている「街の不動産屋さん」ですが、数多くの同業他社と比べたさらなる信頼感を醸成するにあたり、書籍が適しています。「本の著者」が持つブランド力は大きく、その業界のプロフェショナルという地位を対外的にアピールすることで、他社とは一線を画したブランディングが実現できるのです。

③ホームページを通した対外的アピール

「街の不動産屋さん」が今後発展していくためにも、地元を中心とした認知度の向上は欠かせません。現在は情報収集にインターネットを用いることが多い分、ウェブ上の情報を充実させる必要があります。ひとつの手段として、書籍情報をホームページに掲載することで本の著者であるブランド力の効果を対外的にアピールできます。また書籍の内容をウェブ上にコラムとしてアップすることで、貴社ホームページのSEO対策にもなり、さらなる認知度向上をはかれます。

この他にも書籍の活用方法は様々です。インターネット上の広告が主流化している分、書籍をPRツールに用いることで、他社との差別化を実現してみてはいかがでしょうか。「街の不動産屋さん」が、今後長きにわたって人々から愛される存在で居続けるために、書籍によるブランディングがひとつの方法となるかもしれません。

幻冬舎MC facebookページ

  • 企業 ブランディングコラム 一覧

関連コラム

建設業の“2017年問題”の原因とは
「20●●年問題」という表現をご存じでしょうか。 ある業界や社会全体で20●●年に大きな…
差別化を実現して“選ばれる”不動産投資会社になる方法
個人にとって不動産を購入することは、なかなか気軽にできることではありません。 住宅用に購…
「暴露」「提言」タイトルの書籍が書店に並ぶ理由
通勤途中や移動中に見るともなく眺めている交通広告、何を買おうかと迷っているときに見比べる商…
不動産投資会社の集客に必須な「投資家からの信頼」を獲得する方法
2014年7月27日発行の日経ヴェリタスによると、賃貸用の不動産を所有して所得を得ている個…
お問い合わせ・資料請求