企業 ブランディングコラム

企業出版(ブランディング出版):HOME > 企業 ブランディングコラム一覧 > 書籍出版というマーケティングで得られる4つの効果

サービス案内

書籍出版というマーケティングで得られる4つの効果

みなさんは、どのようなマーケティング手法を使っていますか?
マーケティングとは、消費者の購買意欲を喚起するための活動のことを言います。このマーケティング手法には、様々な方法が存在します。
今回は、書籍出版というマーケティング手法をご紹介いたします。

近年の消費者行動の特徴として、購買までのプロセスに「情報収集」が含まれるようになりました。特に、商品が高額のものであれば高額のものであるほど、それが顕著です。
情報収集として、消費者はインターネットや書籍などを使います。
書籍は書き換えのきかない情報であるため、ネットよりも信憑性の高いものとして認識されています。

また、書籍出版は企業と読者をつなぐだけでなく、新聞や雑誌、ネットともつながることのできる手法です。
マーケティング手法としての書籍出版は以下の4つの効果があります。

1.企業認知度向上・ブランディング戦略

 既存のテーマについて新たな視点やターゲット層を狙うことで、認知向上につながります。同時に、企業のブランディングも行うことができます。

2.集客/集患

 

新規顧客(患者)・既存顧客(患者)にかかわらず、書籍を通じて、ターゲットとのコミュニケーションを図ることのできるツールとして活用できます。そのため、反響を得やすく、お問合わせにつながります。

3.リクルーティング

 

書籍を活用することによって、深く自社についての理念や事業について知ってもらうことにつながります。
採用のための説明会などでは表現しきれない点まで伝えることができるため、企業について深く知ってもらってから入社してもらうことができます。

4.啓蒙

 

業界についての裏話や暴露など本当に伝えたいことを該当するターゲットに届けることが書籍では可能です。
ターゲットを絞って制作することで、ターゲットに著者の考えを知ってもらえることでターゲットがファン化します。書籍によって想いを伝えることで、信頼にもつながります。

 

このように、書籍出版には多くの効果が存在します。課題解決やマーケティングの一つの手段として、「書籍出版」を考えてみてもよいかもしれませんね。

幻冬舎MC facebookページ

  • 企業 ブランディングコラム 一覧

関連コラム

コンセプトの一貫性が決め手!メディアミックスで実現する企業のブランディング
昨今、人々が情報収集を行う手段として、インターネットが一般的になってきました。 知りたい…
広がるCtoCサービス
CtoCとはConsumer to Consumer(コンシューマーツーコンシューマー)の…
出版社とAI ~これからのクリエイティブのカタチ~
ビジネスにおいて人工知能(AI)が最も活用され、その効果を期待されている役割の一つに「業務…
SNSが生む現代の新しいマーケティング
スマートフォンの登場で市場が変わる 近年スマートフォンの普及により、SNSがますます…
お問い合わせ・資料請求