企業 ブランディングコラム

企業出版(ブランディング出版):HOME > 企業 ブランディングコラム一覧 > 内定辞退の原因は「親」にあり!?保護者にアピールするために知っておくべきこと

サービス案内

内定辞退の原因は「親」にあり!?保護者にアピールするために知っておくべきこと

「オヤカク」という言葉をご存知でしょうか。
新卒採用担当者であれば、一度は耳にしたことがあるかもしれません。
「オヤカク」とは、「内定を出した学生の両親が入社を了承しているか確認をすること」を指します。
これを省略し「オヤ(親)カク(確)」と呼ぶのです。
この「オヤカク」が一般的に使用されるようになった裏側には、保護者からの反対で内定辞退する学生の増加があげられます。
優秀な人材を確保しても、最終的に本人の意思ではなく「親」からの反対で内定辞退してしまうのです。

大企業安定神話を信じる親

大企業安定神話が崩壊しているということは、既に世に広く知られています。
とはいえ、就活生を持つ親世代はいまだに大企業安定神話を信じている傾向にあります。
就活生の保護者が指す大企業とは、世に広く認知されている、基盤のしっかりした企業であることがほとんどです。
新聞広告や街頭広告・テレビCMを流している、または業界の先駆者であるような、よく知られている企業を大企業と呼んでいるのです。
確かに、広告をどんどんと流す、業界でリードしているなどの条件があることで、認知度が高まり、保護者が安心感を抱きやすいのです。

親の安心を得る方法

それでは、認知度の低い企業は、どのように保護者の信頼を獲得し、優秀な人材を採用すればいいのでしょうか。
たとえば、以下の方法が挙げられます。

・会社案内(パンフレット・DVDなど)を送付する
・自社商品と手書きの手紙を送付する
・内定者本人のみならず、保護者の同意書をとる
・ご挨拶の電話をかける
・保護者向けの企業訪問会を実施し、社長自ら財務諸表を説明する
・内定式の写真を保護者に送付する
・内定者懇親会や食事会に保護者を招待する
・採用ページに「保護者向け」ページを開設する

これらは、実際にオヤカク対策として企業に取り入れられている事例です。
この事例にみるように、保護者は以下のようなポイントを重視しているといえるでしょう。

・企業の理念
・安定した会社であるか
・職場環境
・詳しい業務内容
・一緒に働く社員の質
・勤務形態

保護者は、このようなポイントに重きを置いて企業を見定めていると考えられます。
つまり、就活生のみにアプローチするのではなく、これからは保護者にも浸透させられるような企業ブランディングを行う必要があるのです。
就活生向けの会社HPやPR活動を行う際には、就活生の先にいる「親」を意識することで内定後の辞退を最小限にとどめることができるのです。

幻冬舎MC facebookページ

  • 企業 ブランディングコラム 一覧

関連コラム

リクルート式採用のカラクリ
2018年の新卒採用では、年が明けたばかりの1月末には、2019年度採用がすでに活発化して…
『ストーリー』で魅せる企業の裏側
近年、知られざる業界の裏側を描いた、いわゆる「お仕事本」が話題となっています。 それら…
採用で成功し、離職率を防ぐ「働きやすい会社」の条件
「入社志望者が集まらなくて困っている」 「社員が入社してもすぐに辞めてしまう」 「5年…
会社がつくる保育園!?「企業主導型保育」とは
皆さんは「企業主導型保育」というものをご存知でしょうか? 近年待機児童問題が多く注目され…
お問い合わせ・資料請求