企業 ブランディングコラム

企業出版(ブランディング出版):HOME > 企業 ブランディングコラム一覧 > 競合他社との差別化を実現する「ブランドイメージ」とは

サービス案内

競合他社との差別化を実現する「ブランドイメージ」とは

 

あなたの会社には明確なブランドイメージがあるでしょうか。
また、そのブランドイメージは既存顧客や潜在顧客に伝わっているでしょうか。

本コラムでは、競合他社との差別化を実現するブランドイメージについてご紹介します。


なぜブランドイメージの確立が必要なのか


ロゴマークやテレビCMなどの効果によって、
ブランド名だけでなく、ブランドイメージを刷り込ませることができます。

「〇〇といえば△△会社」というように分野や商品と会社がイコールで結ばれるようになれば、
ブランドイメージは確立したといえるでしょう。

購買のタイミングで顧客にあなたの会社のことを思い出させ、会社として生き残るためには、
明確なブランドイメージが必要です。


ブランドイメージを確立することで実現できること


①認知度が向上し、競合他社との差別化が図れる

人は購入を検討するとき、複数の商品の中からひとつを選択します。
購入を検討しているときに、あなたの会社やあなたの商品を最初に想起してもらうことで、
購入へと繋げることが可能となります。


②継続的な購買に繋がり、リピート顧客を獲得できる

過去にあるブランドを購入し、満足感を得た消費者は、
同じカテゴリの商品を購入する際に無意識にそのブランドをリピート購入する傾向にあります。


③価格競争から脱却できる

機能・性能が同じ商品があれば、消費者は“ブランド”で判断します。
価格競争の中で、顧客はブランドという付加価値を一つの判断基準とするのです。

ブランドイメージが確立されていれば、それだけで「信頼性」や「品質の良さ」を示すことができるのです。


ブランドイメージを確立する方法


中小企業も大手企業のように、会社を端的に表すものがなければ、同業他社の中で埋もれてしまいます。
だからといって、大手企業と同様に大々的に宣伝することは難しいでしょう。

では、具体的にどのようにブランドイメージを確立すればいいのでしょうか。

まず検討すべきなのは、消費者のニーズを反映させたブランドイメージです。
企業のビジネス戦略と市場との間にミスマッチがあれば、それはすなわち機会損失となります。
消費者のニーズに合わせたブランドイメージの構築が、顧客を獲得するための近道なのです。

ブランドイメージを明確化することにより、
企業に対する信頼感を醸成し、他社との差別化を実現することができます。

消費者のニーズを反映させたブランドイメージの確立こそ、企業が業績を伸ばすカギだといえるでしょう。


 

幻冬舎メディアコンサルティング

小出 聡美

幻冬舎MC facebookページ

  • 企業 ブランディングコラム 一覧

関連コラム

周年事業担当者が見るべき好事例とその効果とは
担当者は周年事業を単なる社内の記念イベントではなく、創業から現在に至るまでの軌跡と課題の場…
周年事業を記念イベントとして終わらせないための企画ポイント5選
周年事業は、企画次第で会社の業績を伸ばす可能性を秘めたもの。しかしコンセプトがズレたまま開…
企業出版の費用は?費用を安く済ませるポイント
「企業出版を検討しているけど費用がいくらかかるのか不安だ……」と感じている方は少なくないで…
税理士がブランディングを行うことで得られる『集客力』とは?
経済産業省の統計によれば、日本では事業所数の99.7%が中小企業となっていますが、1999…
お問い合わせ・資料請求