コラム

ビジネスで成功する世界の大富豪の習慣とは?

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

今回ご紹介するビジネス書は『執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣』です。

本書では、総資産50億円以上の大富豪の執事をしてきた著者が、幸福な成功者になる方法を解説しています。執事の丁寧な口調で語られており、これまでのビジネス書とは一味違う雰囲気もお楽しみいただけるはずです。

実は著者は日本で唯一、執事サービスを提供している企業の代表です。そんな著者が大富豪を間近で見る中で発見したのは、世界中を飛び回る大富豪のイメージとは程遠い「常にスケジュール帳は真っ白」で、「勉強はいっさいやらない」などの意外な一面でした。その一部をここでご紹介します。

 世界の大富豪は…
「会議は一〇分と決めておられます」
「ファーストネームで相手をお呼びになります」
「あえて売れていない商品を購入なさいます」
「頑張るという概念がございません」

他にも、すぐにでも見習えることも多数紹介されています。
例えば、世界の大富豪は「いっさい愚痴をこぼされません」。これは愚痴を我慢するということではありません。彼らは愚痴が出ない考え方をしているのです。愚痴が出なくなれば、人は前向きになることができ、今よりも良い人間関係を築きやすくなります。

こういった考え方や習慣によって、彼らのビジネスはさらに成功し、ますます豊かになっていくというのです。
さらに驚くべきは、彼らに共通している成功のマインドが「遊びながら仕事をしている」ということです。

本書では、いかに自分自身で楽しみながらビジネスで成功するか、そんな方法も紹介されています。
成功するためのビジネスとの向き合い方のヒントが詰まったおすすめの1冊です。

 

幻冬舎メディアコンサルティング
編集部
安藤 真理恵

 

(書籍情報)
『執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣』
著者:新井 直之
単行本:183ページ
出版社: 幻冬舎 
ISBN:4344025946
発売日:2014/6/26
内容(「BOOK」データベースより)総資産50億円以上のVIPたちに365日24時間お仕えしてきた一流執事が明かす、幸福な成功者になる方法。お金のために働く自分を捨てよう。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら