• ホーム
  • コラム
  • インスタグラム、LINE@、無料スタンプ……SNSマーケティング成功事例

コラム

インスタグラム、LINE@、無料スタンプ……SNSマーケティング成功事例

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

ビジネスシーンで注目の”LINE@”



今や1人に1台ともいえるスマートフォン。
その普及により、”インターネットに接続している”感覚は
呼吸のように無自覚なものとなってきています。

特に若い世代にとっては、インターネットはもはや「リアル世界」。
現代の広報戦略には、その点を強く意識した取り組みが必須です。

スマホ世代のコミュニケーションツールといえば、「LINE」。
そのLINEが今、ビジネスシーンでも注目をされています。

LINE@というサービスをご存じでしょうか。
自社のアカウントを作るだけで友達登録したユーザーに、
友達感覚で企業側から情報を送ることができるというサービスです。

このような形のコミュニケーションは、一昔前にはメールマガジンがありました。
個々のメールアドレスに情報を送るもので、一方的な情報発信である点がデメリットだったのです。

LINE@を使用すると、そのプラットフォーム上で送受信を行えます。
広告感が薄れ、距離感の近いコミュニケーションを図れることが大きな魅力といえるでしょう。

アクティブユーザーが多いLINE。
LINE@は今、企業にとって強力な宣伝ツールなのです。


LINEマーケティング成功事例



女性向けアパレルブランド「LIP SERVICE」は、
LINE@で友だち登録している6万人超にメッセージを配信。
一度の告知で、1アイテムあたり約50万円の売上を獲得しているそうです。

LINE@の友達数を増やす施策としては、LINE無料スタンプが効果的といわれています。
飲食店の「しゃぶしゃぶ温野菜」は、
オリジナルキャラクターのスタンプ配信によって女性客を取り込み、売り上げ10%アップに成功しました。


Instagramマーケティング成功事例



世界的に注目されているSNSマーケティングツールとしてあげられるのはInstagramでしょう。
写真と文章、そしてハッシュタグで構成され、気軽に投稿できる点が魅力です。

ファッションブランドのmameは、デザイナーの黒河内真衣子氏がアカウントを運用しており、
写真をアップするたび、平均単価5万円以上の商品が即完売しています。

Instagramは投稿者の感性や個性を色濃く反映でき、
世界観、ブランディングの醸成に大いに役立っています。
ファッション性、アート性があるSNSなので、
業界によってはECサイトなどと連動させた有効な活用が期待できます。


”ターゲットの見きわめ”がSNSマーケティングの最重要ポイント



SNSをビジネスに活用する手段は多々あり、まだまだ可能性を秘めていると言えるでしょう。

ただし、やるべきことが多いのもSNSのビジネス活用です。
だからこそ、最初の一歩を踏み出すことと、継続していくことが非常に大切になってきます。

SNSの特徴と事業ターゲットの相性を見きわめることがポイントです。


 
この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら