採用ブランディングとは?現代だからこそ必須と言えるその秘密

著者:GMCブランド戦略室

2019.05.20

目次

「採用ブランディング」という言葉を聞いたことはありますか?現代の日本では非常に重要視されるべきことであるとして、徐々に注目され始めています。しかし、具体的な内容についてはよく理解できていない…というケースが少なくありません。そこで、今回は採用ブランディングの概要や、ブランディングの方法などについてご紹介します。

採用ブランディングとは

まずは「採用ブランディングとは何なのか」ということについてお話します。

「ココで働きたい」と思わせる戦略

採用ブランディングとは、一言でいえば求職者や学生に「ココで働きたい」と思わせるための戦略や手法のことです。

一般的に、人員を増やすには求人広告を掲載したり、ホームページで専用のフォームを作る、などの手法が採用されています。もちろん、それらも重要ですが、それよりも前にすべきことがあるのです。それが「ココで働きたい」と思ってもらうためのブランディングです。

求人を出したところで、そもそも求職者や学生が「ココで働きたい」と思わなければ何のアクションもありません。そのため、優秀な人材を採用するには、企業にとって採用ブランディングは重要なのです。

人手不足の今だからこそ本気で取り組むべき

現代の日本は、高齢社会に伴う生産年齢人口の減少と、無職者の増加による人手不足が問題となっています。そして、この問題は今後さらに深刻化されるとみられており、多くの企業が人手不足に陥る可能性が高いといわれています。こうした状況を打開するために、採用ブランディングが注目されつつあるのです。

採用ブランディングのメリット

採用ブランディングの具体的なメリットは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

人手不足の解消

まず、挙げられるのが人手不足の解消です。採用ブランディングによって「ココで働きたい」と感じる人は、採用ブランディングをしない場合と比較すると、増加することは間違いありません。採用予定人数よりも、応募者の数の方が上回ることも考えられます。

優秀な人材の確保

採用ブランディングの方法によっては、優秀な人材を確保したり、即戦力となる人材の応募を増やしたりすることも可能です。正しく行えば、会社の将来を任せられるような人材と巡り合うこともできるかもしれません。やはり、採用する側としては優秀な人に来てほしい、というのが正直なところであると思います。そうした希望を実現できるのが採用ブランディングのメリットなのです。

採用ブランディングのポイントは?

実際に採用ブランディングを行う際の、ポイントや方法についてご紹介します。

消費者向けと採用向けのブランドは別であることを理解する

まず、消費者向けと採用向けのブランドは別物であるということを理解しなければなりません。そのため、「消費者向けブランドイメージに合わせたものを…」などと考えてブランディングをしていると、予想通りの結果にならない可能性があります。

ただ、場合によっては消費者向けのブランドがヒントや参考になることもあるとは思いますが、基本的にはほぼ別物として考えましょう。

ターゲットを絞る

「出来るだけ多くの人に応募してほしい」という気持ちはわかりますが、そのようにして不特定多数にアプローチしても、手間が増えるだけです。ターゲットを絞り、ピンポイントに攻めることが大切です。この方が作業効率の向上が見込めて、求める人材を集めやすくなります。

競合を把握する

競合を把握し、時には参考にすることも大切です。採用ブランディングは、他社と比較することでより良いブランディングを実現しやすくなります。改善点や、再検討すべきポイントなどが明確になるため、自社内だけで済ませずに、社外へと目を向けることも意識しましょう。

現時点での採用ブランディングの問題を明確にする

現時点での採用ブランディングの問題を明確にし、それを確実に改善することは重要です。これは、担当者はもちろんのこと、担当していない社員から意見をもらうことで、担当者には見えなかった落とし穴が発見できるケースもあります。とにかく多くの人の意見を取り入れ、現時点の問題を探してみましょう。

この記事をシェア
Beyond Publishing

サービス案内資料のご案内

弊社サービス内容を知りたい方は以下フォームよりサービス案内資料を
ダウンロード頂き、ご参照ください。

資料ダウンロードはこちら

お問い合わせ・資料請求

ご不明な点や企業出版のご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

TEL03-5411-6440

平日 9:30〜18:00(年末年始・GW・夏季・冬季期間を除く)

資料請求・お問い合わせフォーム

無料お見積もり

お客さまの求める課題解決の内容によって、制作費用は異なります。
まずはお気軽にご相談ください。

お見積もりはこちら