• ホーム
  • コラム
  • 企業ブランディングの方法とは?ブランド価値を高める手法について

コラム

企業ブランディングの方法とは?ブランド価値を高める手法について

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

近年、ビジネス関連の話題で耳にすることが増えてきた「企業ブランディング」という単語。特にマーケティングに携わる人であれば聞いたことがある人は多いでしょう。実は、企業ブランディングは正しく行えば、企業の成長を促すチャンスになりますし、長期的な利益獲得のチャンスにもつながります。今回はそんな企業ブランディングの正しい方法についてご紹介します。

そもそもブランディングってなに?

「そもそも企業ブランディングが何なのかよくわからない…」という方もいるでしょう。または、知っているつもりだったものの誤った知識だった…といったケースも存在するので、企業ブランディングの概要について把握しておきましょう。

企業ブランディングとは、ある特定のイメージを顧客に感じてもらう手法のことです。例えば、薬品関係の会社であれば、清潔感や安全性を感じるようなシンプルな企業ロゴを作成したり、キャッチコピーやパッケージデザインで安心感を与えるようなものにしたりなど。こうしてイメージを持ってもらうことを企業ブランディングといいます。

企業ブランディングのメリット

企業ブランディングを行うメリットとは一体どんなものが挙げられるのでしょうか。

競合との差別化

まずは、「競合との差別化を図ることができる」というメリットが存在します。よほどニッチなジャンルでもない限りは、どの企業にも競合はいるでしょう。そうした競合よりも、自社の方が優れているというイメージを与えることができるのが、企業ブランディングのメリットの一つです。

顧客の確保

企業ブランディングは、顧客からの信頼にも関係します。製品デザインやキャッチコピー、広告デザインなどはこうした信頼度の向上に役立ちます。信頼できる企業として認識されれば、顧客による継続的な購入を見込むことができるため、会社の継続的な収益としても期待することができます。

ブランドの価値の向上

企業のブランド価値を高めることができるのもブランディングの大きなメリットです。「この企業だから購入したい」「この企業のサービスを受けたい」と顧客に感じてもらうためには、企業自身のブランドの価値が高いことが重要です。

企業のブランド価値を高めるには?

企業のブランド価値を高めるにはどうしたらよいのでしょうか。具体的な方法についてご紹介します。

ブランドの価値を高める

まずはブランドの価値を高めるために、機能面の見直しや顧客(ターゲット)の再設定、イメージプラン(人気の著名人を活用など)などを行っていきます。

特にターゲットの再設定では、さらにターゲットの具体的な状況や特徴まで設定し、大胆に顧客を絞っていきます。これにより、該当するターゲットから価値の高いブランドとして認識されることにつながるのです。

SNSやブログの運用

近年「SNSマーケティング」といったワードが広まりつつありますが、これもまた企業ブランディングの手法の一つです。企業のブランドイメージに合わせた内容を投稿するSNSやブログを運用しましょう。また、SNSやブログの運用はブランド価値の向上だけでなく、ユーザーとのコミュニケーションのきっかけやファンの増加などのメリットもあります。

マクロ環境の分析

企業にとって無関係と考えられがちなマクロ環境。しかし、効果的なブランディングをする上ではマクロ環境を分析することは非常に大切です。ユーザーのニーズを把握するきっかけになりますし、思わぬヒントを得られることもあります。意外と面倒な業務ではありますが、企業ブランディングには欠かせない要素でもあるので、マクロ環境についても徹底して分析することを心がけましょう。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら