• ホーム
  • コラム
  • ローカルブランディングとは?意味や手法について

コラム

ローカルブランディングとは?意味や手法について

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

ブランディング手法の一つとして確立されている「ローカルブランディング」は、効率の良い営業を実現できるブランディング手法でもあります。しかし、ビジネスの現場ではまだまだ実行されているケースが少なく、ビジネスチャンスを逃してしまっている企業は少なくありません。

そこで、今回はローカルブランディングの意味や目的、手法などについてご紹介します。

ローカルブランディングとは?

ローカルブランディングとは、自社が対象としている地域とは別の地域の特性を把握し、自社がすでに展開しているブランドとは別に、複数のブランドを構築・展開することです。

例えば、大手自動者メーカーでは、日本でのブランド名と海外で展開しているブランド名は異なり、それぞれの商品の特徴も異なります。もちろん、商品の特徴のみならず販売戦略や広告戦略なども異なり、ブランドごとに独自性のある戦略法を構築していて、ブランドに独自性を持たせています。

そのため決して手軽に実行できるものではなく、長い期間と手間、場合によっては費用も発生するでしょう。しかし、そうした段階を超えてブランド展開することで大成功を遂げている企業が存在していることも間違いありません。

ローカルブランディングの目的

既に一つのブランドが構築され、さらにそのブランドが十分なファンを獲得しているにも関わらず、複数のブランドを立ち上げることに意味はあるのでしょうか。ここからは、ローカルブランディングの目的についてご紹介します。

地域の情報を把握

ローカルブランドの目的の一つは「地域情報を把握すること」です。一部の地域で受け入れられているブランドが、必ずしも別の地域で受け入れられるとは限りません。その地域の特性、住民のライフスタイル、趣向などを調査した結果、全く異なる特徴のブランドの方が圧倒的に受け入れてもらいやすいということも十分に考えられます。

とくに「日本」と「海外」の特性は大きく異なるため、海外進出を検討している企業はローカルブランディングが必要だといえます。また、海外に向けたブランド展開のみならず、日本国内でも「地方」「都道府県」など、細かく分けてローカルブランディングを行うことも必要です。各地域の市場を把握し、特性を理解することで効果的なブランド構築の計画や方向性の検討、地域それぞれの向けたブランドの展開などが実現できるでしょう。

地域ごとの効率的なアプローチ

ローカルブランディングには、地域ごとの効率的なアプローチを実現するという目的もあります。地域ごとの特性を理解しブランドとして展開することで、効果の高い宣伝方法の確率や、反響を受けやすい広告戦略などが可能となり、効率よく商品の販売を行うことができます。

地域ごとに収益が異なるという企業は、こうしたローカルブランディングを取り入れて地域に合わせたブランドの展開がおすすめです。



今回ご紹介した通り、ローカルブランディングは効率のよい販売や営業などを目的としていて、地域ごとに収益が異なる状況を回避・改善することができます。日本国内で全国展開している企業や、海外進出を行っている企業は、こうしたローカルブランディングが必要となるケースが非常に多いので、該当の企業はぜひ実行を検討してみましょう。

ただし実行するには時間や手間、費用が発生するということを頭に入れておかなければなりません。そして、マーケティング担当者以外にも営業、広報、開発などの担当者の協力も必要不可欠です。社内で協力し合い、よりよいローカルブランディングの展開を目指してください。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら