• ホーム
  • コラム
  • ブランドロイヤリティとは?意味や仕組みについて詳しく解説

コラム

ブランドロイヤリティとは?意味や仕組みについて詳しく解説

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

ビジネス用語の一つ「ブランドロイヤリティ」が注目され始めています。ブランドロイヤリティが高いと、長期的に安定した収入の確保につながるため、多くの企業で意識すべき項目です。

しかし、そもそもブランドロイヤリティとは何なのか、なぜブランドロイヤリティが重要なのかについては、まだまだ知らない人が多いのが現状です。せっかくのビジネスチャンスを逃さないためにも、ブランドロイヤリティの意味や重要性、仕組みなどについて今回の記事でチェックしておきましょう。

ブランドロイヤリティの意味とは?

まずは、ブランドロイヤリティの意味についてご紹介します。

ブランドロイヤリティは、簡単にいうと「消費者の忠誠心」のことです。特定のブランドを購入し続けたい、という消費者の感情をブランドロイヤリティとして表します。このブランドロイヤリティが高ければ高いほど、消費者は繰り返し特定のブランドで商品を購入します。

具体的には、特定のブランドの「メイク用品」「ファッションアイテム」「日用品」などが挙げられます。「いつもこのブランドの商品を買いたい」と感じてもらうためにも、ブランドロイヤリティの向上が必要なのです。

ブランドロイヤリティで顧客が離れない仕組み

なぜ、ブランドロイヤリティを意識すると顧客が離れないのでしょうか。実は、あまり知られていない「仕組み」が存在します。ここからはその「ブランドリヤリティの仕組み」についてお話します。

顧客がブランドに対して愛着や親近感を持つ

ブランドロイヤリティとは、顧客がブランドに対して愛着や親近感を抱いている状態でもあります。顧客が特定のブランドに愛着を抱いていることで、競合の別ブランドの商品を手にするリスクが低くなります。

自社ブランドの商品を購入し続けてほしい、という場合には顧客に愛着や親近感を抱いてもらえるよう、ブランディングをしなければなりません。

顧客同士のコミュニティの生成でブランド価値を向上

特定のブランディングを中心とした顧客同士のコミュニティが生成されることがあります。これにより、ブランド商品に関する情報の共有、意識の向上、消費者への推奨などの効果が臨めます。

「みんなこのブランドが好きなんだ」「みんなが持っているブランド」といったイメージは、顧客のみならず多くの消費者を引き付けるポイントです。最近ではSNS上でも特定のブランドについてコミュニケーションを図るユーザーが多いため、ブランドロイヤリティの向上が見込みやすい状況でもあります。

シリーズ形式で顧客を長期的に確保

ブランド商品を単発で販売するのではなく、シリーズ形式にすることで、顧客を長期的に確保することができます。「同じシリーズでアイテムを揃えたい」「持っているアイテムの新商品が出たら欲しい」といった顧客のニーズに働きかけることができ、安定した収益を実現しやすいといったポイントがあります。

これも、顧客が離れないというブランドロイヤリティの仕組みの一つです。

ブランドロイヤリティは現代において非常に重要

ブランドロイヤリティは現代において非常に重要な要素といえます。特に競合が多い業界の場合は、競合に顧客を奪われないためにもロイヤリティを高め、常に自社ブランドに意識を向けさせていなければなりません。また、収益が不安定な企業やリピート客が少ない企業などは、このブランドロイヤリティの向上を意識することが大切です。

ブランドロイヤリティは顧客を離さないために必要なマーケティング手法です。今一度自社ブランドを見つめ直し「愛着や親近感を抱いてもらえるか」「コミュニティの生成につながるような魅力はあるか」などをきちんと考えてみましょう。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら