企業 ブランディングコラム

企業出版(ブランディング出版):HOME > 企業 ブランディングコラム一覧 > 人を増やさずに営業力の強化 中小企業のための“全員営業”戦略とは?

サービス案内

人を増やさずに営業力の強化 中小企業のための“全員営業”戦略とは?

tie-690084_640

「自分の営業が上手くいかない」「どうやったら売り上げを伸ばしたらいいのか」
あなたの部下からそんな声が上がっていませんか?

企業にとって売り上げの大部分を担っているのは、営業であることは論を待たないでしょう。
けれども、個人の営業成績というものは不安定なもので、調子がいいときは勢い良く売れるのに、一度状況が悪くなると何をしても上手くいかない。
“営業”という仕事をそのように感じている社員は多くいます。
それ故に個人の営業力を伸ばすためのHow to本やコンサルティングを活用して、スキルアップを試みる人が多くいます。
営業社員の中には「運」という一言で片付けてしまう人さえいるでしょう。

果たして、営業力とは本当に個人の能力に寄るものなのでしょうか?
そんな考え方に改革を与えるのが辻経営有限会社 代表取締役である辻 伸一 氏が提唱する“全員営業”戦略です。
これは、個人の営業スキルを伸ばすものではなく、経営者が戦略として会社を動かして行う営業なのです。


全員営業とは?

①現有戦力に眠る潜在営業力を引き出す仕組み。
視点を変えれば、営業マンより商品に詳しい製造スタッフや、お客様と懇意な事務職がいるものです。
お客様からすれば、その社員が営業職かどうかは会社の都合です。
お客様視点で組織を見直し、一人ひとりを営業戦力として活かす仕組みをつくることが全員営業の基本です。

②一過性の属人営業から永続的な組織営業への変革。
年月がたてば、お客様だけでなく社内の人材も入れ替わります。
営業部門のエースが一人抜けると、そのまま業績のダウンにつながる等は、よくある話です。
全員営業は、営業マンの個人的な能力に依存する脆弱な属人営業から脱却し、仕組みと戦略で勝負する強固な組織営業へと変革できる転機となります。

③中小企業が勝つための唯一の「長儲け®」戦略。
中小企業が目指すべきは、コストやリスクを掛けて大儲けを狙うことより、自社で続けられることを通して適正な利益を生み出していく長儲けの経営です。
各人が営業マインドを持って、持ち場と特長に応じて顧客創造し続ける全員営業こそが、繁栄発展への最良の方策です。
※長儲け®は、辻経営の登録商標です。

実際、このように提示されても具体的にどうすればいいのか、イメージの湧かない方々のために、実際に辻 伸一 氏に直接お話を聞ける場をご用意しました。

営業強化や人材育成に悩む経営者の方々、戦略的に営業を動かしてみませんか?

セミナー詳細はこちら

幻冬舎MC facebookページ

  • 企業 ブランディングコラム 一覧

関連コラム

document-1446078_640
会計士事務所が優秀な人材を獲得するために必要なたった一つのこと
かつて公認会計士試験は狭き門で、毎年の合格者数は1,000人を切っていました。 しか…
beach-1851100_640
経営者が本を出版するべき5つの理由
「2017年、今年こそは出版を」と新年の目標を立てた方もいらっしゃるのではないでしょうか。…
wheelchair-1595794_640
迫る「2025年問題」。介護業界が抱える4つの課題
近年ニュースを騒がせる「2025年問題」、「少子高齢化」というキーワード。 日本の総…
gifts-1622996_640
周年記念事業として書籍を制作することのメリット
帝国データバンクの周年記念事業調査(2016年)によると、 2017年に創業や設立からの…
お問い合わせ・資料請求