企業 ブランディングコラム

企業出版(ブランディング出版):HOME > 企業 ブランディングコラム一覧 > WEBメディアの信頼性が疑われる今、企業がとるべき広報戦略とは?

サービス案内

WEBメディアの信頼性が疑われる今、企業がとるべき広報戦略とは?

notebook-405755_640

2016年、インターネットが情報メディアとしての信頼を落とす事件が多発し、世間を騒がせました。
もはや情報元すら完全に信用できないと感じたユーザーも少なくないのではないでしょうか。

相次ぐWEBの誤情報に、
インターネット上の情報全体の信用が低下しています。
信ぴょう性に欠ける情報に紛れてしまっては、
たとえ正しい情報であっても、ユーザーの信頼を勝ち取ることは難しいでしょう。

気軽にWEBでの情報発信ができなくなっている企業、クリニックも多いのではないでしょうか。


ウェブの信用落とす事件が相次ぐ今だからこそ、 企業ブランディングは、WEB×書籍で


インターネット上の情報の信用度が低下している今日においても、
ほとんどの企業が自社ホームページを持ち、WEBを活用した情報発信をしています。
インターネットは多くの人に利用されているため、
広く多くの人々に自社の存在を知らしめるという意味で、非常に有効な手段でしょう。

一方で、ユーザーからの「信頼感」も、企業にとって大切なことの一つです。
誰でも情報発信することができ、簡単に書き換えることができるなど“手軽さ”が特徴であるWEBに比べ、
書き換えることができない書籍は信頼感が高いことがその特徴のひとつです。

WEBも書籍も特徴はそれぞれ異なり、一長一短です。
ゆえにWEBと書籍を組み合わせることは非常に有効なのです。

WEBで新鮮な情報発信をし、書籍を活用して廃れない情報を十分な情報量で訴求していく。 また、書籍の内容は、その後WEBに活用すれば、ホームページのコンテンツを充実させることができます。

多くの企業が、企業ブランディングの確立、顧客の信頼醸成、新規顧客の獲得のため、
日々さまざまな施策を試みていることでしょう。
WEBと書籍を組み合わせたブランディングを検討してみてはいかがでしょうか。

 

幻冬舎メディアコンサルティング

齋藤 舞夕

幻冬舎MC facebookページ

  • 企業 ブランディングコラム 一覧

関連コラム

chart-1905225_640
“出版不況”は本当か?不況といわれる3つの理由
「出版不況」や「若者の活字離れ」といったフレーズを新聞やテレビなどで目にするようになってか…
book-1421097_640
広告宣伝手法としての「書籍出版」の5つのメリット
テレビCM、WEB、新聞広告、交通広告……広告宣伝手法はさまざまあり、それぞれのメリット・…
iphone-393080_640
情報過多の時代に知っておきたい コンテンツマーケティングの課題【前編】
昨年12月、某大手企業のキュレーションサイトが軒並み閉鎖となり、コンテンツマーケティングに…
japan-2014616_640
意外と知らない広告費用。媒体別広告費用17選
株式会社電通の発表によると、2016年日本の総広告費用は6兆2,880億円、前年比101.…
お問い合わせ・資料請求