企業 ブランディングコラム

企業出版(ブランディング出版):HOME > 企業 ブランディングコラム一覧 > WEBメディアの信頼性が疑われる今、企業がとるべき広報戦略とは?

サービス案内

WEBメディアの信頼性が疑われる今、企業がとるべき広報戦略とは?

2016年、インターネットが情報メディアとしての信頼を落とす事件が多発し、世間を騒がせました。
もはや情報元すら完全に信用できないと感じたユーザーも少なくないのではないでしょうか。

相次ぐWEBの誤情報に、
インターネット上の情報全体の信用が低下しています。
信ぴょう性に欠ける情報に紛れてしまっては、
たとえ正しい情報であっても、ユーザーの信頼を勝ち取ることは難しいでしょう。

気軽にWEBでの情報発信ができなくなっている企業、クリニックも多いのではないでしょうか。


ウェブの信用落とす事件が相次ぐ今だからこそ、 企業ブランディングは、WEB×書籍で


インターネット上の情報の信用度が低下している今日においても、
ほとんどの企業が自社ホームページを持ち、WEBを活用した情報発信をしています。
インターネットは多くの人に利用されているため、
広く多くの人々に自社の存在を知らしめるという意味で、非常に有効な手段でしょう。

一方で、ユーザーからの「信頼感」も、企業にとって大切なことの一つです。
誰でも情報発信することができ、簡単に書き換えることができるなど“手軽さ”が特徴であるWEBに比べ、
書き換えることができない書籍は信頼感が高いことがその特徴のひとつです。

WEBも書籍も特徴はそれぞれ異なり、一長一短です。
ゆえにWEBと書籍を組み合わせることは非常に有効なのです。

WEBで新鮮な情報発信をし、書籍を活用して廃れない情報を十分な情報量で訴求していく。 また、書籍の内容は、その後WEBに活用すれば、ホームページのコンテンツを充実させることができます。

多くの企業が、企業ブランディングの確立、顧客の信頼醸成、新規顧客の獲得のため、
日々さまざまな施策を試みていることでしょう。
WEBと書籍を組み合わせたブランディングを検討してみてはいかがでしょうか。

 

幻冬舎メディアコンサルティング

齋藤 舞夕

幻冬舎MC facebookページ

  • 企業 ブランディングコラム 一覧

関連コラム

新商品のブランディングを図る際に知っておきたい「イノベーター理論」と「オピニオンリーダー」
企業が腕によりをかけて開発した新商品、いろいろな人に購入・使用してほしいですよね。 しか…
顧客獲得につながる。本の持つリードナーチャリングという魅力
自社のブランディングや商品紹介、求人を行う際に利用するのが広告です。 では、どうやっ…
書店は本を買うためだけの場所じゃない! 経営者のための書店活用術
書店は信頼に足る情報のオアシス 経営者にとって、情報収集は欠かせない仕事の一つ。 …
人気の書店から見る、“個性で売る”ブランディング
現代は本が売れない時代と言われています。 活字離れや電子書籍の台頭で、書店で本を買う人は…
お問い合わせ・資料請求